このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. くらし
  3. 文化・教養
  4. 川越市の文化財
  5. 川越市の指定文化財
  6. 国指定文化財
  7. 国指定重要文化財 東照宮・本殿 附宮殿(円形厨子)

本文ここから

国指定重要文化財 東照宮・本殿 附宮殿(円形厨子)

最終更新日:2022年1月6日

東照宮本殿写真
東照宮本殿

名称 東照宮・本殿 附宮殿(円形厨子)
よみ とうしょうぐう・ほんでん つけたりきゅうでん(えんけいずし)
種別 国指定重要文化財・建造物
員数 1棟
所在地 小仙波町1-21-1
指定年月日

(旧国宝)昭和21年11月29日
(重文)昭和25年8月29日

所有者 東照宮
文化財の概要

 東照宮本殿は、三間社流造り・銅瓦葺・極彩色である。本殿の創建は寛永10年(1633)で寛永15年大火炎上し寛永17年に再建されている。棟札によれば「御願主征夷大将軍源家光公 御奉行堀田加賀守従四位下藤原正盛 御導師山門三院執行探題法印大僧正天海 御大工木原杢允藤原義久」とあり、完成は「寛永十七庚辰年林鐘(六月)十七日」とある。本殿に安置されている宮殿(円形厨子)は高さ2尺5寸ほどのものである。このなかに、仙波東照宮の御神体である東照大権現とうしょうだいごんげん像がある。木造で目に玉眼ぎょくがん嵌入かんにゅうし、全身が極彩色ごくさいしきで施されている。異国風の甲冑姿で葦毛の馬に乗り、右手に剣(現存せず)、左手に薬壺くすりつぼを持っている。その姿は将軍地蔵しょうぐんじぞうに似た姿をしている。制作年代は寛永10か15年、京都七条仏師康音によって制作された作品と考えられる。

お問い合わせ

教育委員会 教育総務部 文化財保護課 調査担当
〒350-8601 川越市元町1丁目3番地1
電話番号:049-224-6097(直通)
ファクス:049-224-5086

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る