このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

本文ここから

国指定重要文化財 宋版一切経

最終更新日:2022年3月9日

宋版一切経写真
宋版一切経

名称

宋版一切経

よみ そうばんいっさいきょう
種別 重要文化財・典籍
員数 4,686帖
所在地 小仙波町1-20-1
指定年月日 昭和44年6月20日
所有者 喜多院
文化財の概要

 「宋版一切経」は、それまで筆写に頼ってきた経典きょうてんを、宋の時代に初めて印刷出版されたもので、様々な経典から構成されている。
 この経典がいかなる経路で我が国にもたらされたのかは不明であるが、当院の寺伝によると、もとは毛利家の所蔵であったが、毛利輝元もうりてるもとが徳川家康に献上し、さらに慶長19年(1614)、家康から天海のために喜多院に寄進されたものと伝わる。
 なお、喜多院本は一切経の初めを構成する「大般若経」は1帖も存在しない。
 この経典は現在の中国でもほとんど遺っていない。また国内でも、この一切経を所蔵している寺院は10数蔵しかなく、大変貴重な経典である。

お問い合わせ

教育委員会 教育総務部 文化財保護課 調査担当
〒350-8601 川越市元町1丁目3番地1
電話番号:049-224-6097(直通)
ファクス:049-224-5086

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る