このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. くらし
  3. 文化・教養
  4. 川越市の文化財
  5. 川越市の指定文化財
  6. 国指定文化財
  7. 国指定重要文化財 喜多院・鐘楼門 附銅鐘

本文ここから

国指定重要文化財 喜多院・鐘楼門 附銅鐘

最終更新日:2021年10月13日

喜多院鐘楼門写真
喜多院・鐘楼門

名称 喜多院・鐘楼門 附銅鐘
よみ きたいん・しょうろうもん つけたりどうしょう
種別 国指定重要文化財・建造物
員数 1棟
所在地 小仙波町1-20-1
指定年月日

(旧国宝)昭和21年11月29日
(重文)昭和25年8月29日

所有者 喜多院
文化財の概要

 「星野山御建立記」によると寛永10年(1633)に東照宮の側に鐘楼門を建てたと記録している。その頃の東照宮は現在の慈眼堂の位置にあった。そして鐘楼門再建の記録がないところをみると、寛永15年(1638)の大火に焼失を免れたのではなかろうか。桁行けたゆき3間、梁間はりま2間、袴腰はかまごし付、重曹入母屋いりもや造りで本瓦葺の屋根をもっている。両層の連絡はえんをもってなされ、縁には勾欄こうらんをめぐらし、壁面には前面に竜、背面には鷹の木彫が2個ずつはめこんである。またこの鐘楼に懸けられている銅鐘には元禄15年(1702)の銘がある。

お問い合わせ

教育委員会 教育総務部 文化財保護課 調査担当
〒350-8601 川越市元町1丁目3番地1
電話番号:049-224-6097(直通)
ファクス:049-224-5086

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る