このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. くらし
  3. 文化・教養
  4. 川越市の文化財
  5. 川越市の指定文化財
  6. 国指定文化財
  7. 国指定重要文化財 紙本著色職人尽絵

本文ここから

国指定重要文化財 紙本著色職人尽絵

最終更新日:2022年1月26日

紙本著色職人尽絵写真
紙本著色職人尽絵(桶師・畳師)

名称

紙本著色職人尽絵

よみ しほんちゃくしょくしょくにんづくしえ
種別 重要文化財・絵画
員数 1双
所在地 小仙波町1-20-1
指定年月日 大正3年4月17日
所有者 喜多院
文化財の概要

 風俗史及び職能民研究上きわめて著名なもので、六曲一双屏風の各扇に2図宛貼付されており、合わせて24図ある。各図の大きさは縦57.8センチ、横43.6センチあって紙本極彩色である。絵の筆者は捺された壺形の印章で狩野吉信ということがわかる。吉信は号を晶庵と称し、狩野派に所属した画家で、寛永17年(1640)89歳で没している。画の描かれた年代は不明だが、桃山時代頃の京都あたりの職人の風俗をあらわしたものといわれる。参考までに描かれた職種を示すと、次の25種となるが、これは桶師と畳師が1図に描かれているためである。
1仏師、2傘師、3矢師、4鎧師、5筆師、6経師、7糸師、8革師、9扇師、10檜物師、11研師、12桶師・畳師。
13弓師、14刀師、15数珠師、16番匠、17行縢むかばき師、18 蒔絵師、19縫取師、20纐纈師こうけち、21形置師、22鍛冶師、23機織師、24藁細工師。
1から12(右隻)、13から24(左隻)

お問い合わせ

教育委員会 教育総務部 文化財保護課 調査担当
〒350-8601 川越市元町1丁目3番地1
電話番号:049-224-6097(直通)
ファクス:049-224-5086

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る