このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. くらし
  3. 文化・教養
  4. 川越市の文化財
  5. 川越市の指定文化財
  6. 国指定文化財
  7. 国指定重要文化財 銅鐘 正安二年

本文ここから

国指定重要文化財 銅鐘 正安二年

最終更新日:2022年2月22日

銅鐘写真
銅鐘

名称

銅鐘 正安二年

よみ どうしょう しょうあんにねん
種別 重要文化財・工芸品
員数 1口
所在地 小仙波町1-20-1
指定年月日 大正2年8月20日
所有者 喜多院
文化財の概要

 鎌倉末期正安2年(1300)の銅鐘で、銘文に「武蔵国足立郡鳩井郷はこ崎山依悲母命奉鋳之 正安二年庚子三月十八日沙彌慶願 大工源景恒」とあることから、鳩ヶ谷市の筥崎権現社に奉納されていたことが知られる。口径60.2センチを有する。
 この鐘がなぜ喜多院に伝来したのかは、「武蔵三芳野名勝図会」に「昔仙波下深田の内より引き上げたり、兵乱の時この仙波へ持ち来りしにや」との記載があることから、戦乱の際兵士の士気を高めるため鳴物として利用されたものとも考えられる。
 喜多院では、昔この鐘を台所に釣って山内坊舎の学僧たちへの食事の合図に使用したことから、俗に「飯食い鐘」とも呼ばれていた。現在では慈恵堂内に懸けられている。

お問い合わせ

教育委員会 教育総務部 文化財保護課 調査担当
〒350-8601 川越市元町1丁目3番地1
電話番号:049-224-6097(直通)
ファクス:049-224-5086

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る