このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

本文ここから

振り込め詐欺に注意

最終更新日:2016年6月17日

振り込め詐欺被害を防止するための3か条

振り込め詐欺被害を防止するため、

  1. 電話は疑う
  2. 金融機関では引き出し理由を正直に話す
  3. 家族、警察、市役所等にすぐ相談する

を守りましょう。

振り込め詐欺被害の現状

川越市内では、平成27年中、64件、約2億2896万円の振り込め詐欺被害が発生しています。
被害にあっている方のほとんどが60歳以上の方で、「私は大丈夫」と思って防犯対策を講じていない人が被害にあっています

被害を防止するための3か条

電話は疑う

電話では相手が本当に親族や市役所職員、警察官なのか判別できません。電話でのお金の話は疑いましょう。
振り込め詐欺の犯人は、

  • 携帯電話(070、080、090)
  • フリーダイヤル(0120)
  • IP電話(050)
  • 市外局番
  • 非通知

を使用します。このような番号からお金の話があった場合は、振り込め詐欺の電話の可能性があります。十分注意しましょう。
また、ナンバーディスプレイサービスを使用している世帯は、家族の電話番号を登録しておきましょう。

金融機関では引出理由を正直に話す

振り込め詐欺の被害にあった方は、金融機関で引き出し理由を尋ねられた際

  • 家のリフォーム代
  • 孫の結婚祝い

などと、本当のことを言わずに現金を引き出しています
正直に引き出し理由を話すことで、金融機関の職員が被害を防止してくれることもあるため、引き出し理由は正直に話しましょう。

家族、警察、市役所等にすぐ相談する

電話で「誰にも言わないで」と言われても、自分1人で判断せず、家族や警察、市役所等に相談しましょう。

次のような電話があったら詐欺を疑いましょう。

【手口1】子ども、孫、親族からの電話

  • バッグ、携帯電話、書類、小切手無くした
  • 投資、副業に失敗した
  • 不倫して妊娠させた
  • すぐにお金が必要
  • 代わりの者(上司の甥など)がお金を取りに行く

【手口2】警察官、銀行員等からの電話

  • 詐欺の犯人を捕まえたらあなた名義の通帳があった
  • 口座を悪用されている
  • 確認のためキャッシュカードの暗証番号を教えてください
  • 新しいキャッシュカードを作るため、自宅に古いキャッシュカードを預かりに行く

【手口3】市役所職員等からの電話

  • 税金、医療費の還付金(払戻金)がある
  • 今ならコンビニ、スーパー、駅前のATMで手続きができる
  • 携帯電話とキャッシュカードを持ってATMへ行ってください
  • ATMに着いたら携帯電話で連絡をください

【手口4】企業等からの電話

  • 老人ホームの入居権、社債の購入権が当たった
  • 権利を譲渡、または名義貸しをしてほしい
  • 権利譲渡、名義貸しは違法
  • 警察の捜査が入り、裁判になる
  • 取引の実績を作り、裁判を回避するため、現金を振り込んでほしい

振り込め詐欺の電話を受けたときは警察に必ず通報しましょう

振り込め詐欺の犯人は1日に数百件の世帯に詐欺の電話をかけており、同じ地域に集中的に電話しています。
また、犯人が現金を受け取りに来る場合、近くに潜んでいることもあります。
振り込め詐欺の電話を受けた場合には必ず警察に通報してください。

お問い合わせ

市民部 防犯・交通安全課 防犯推進担当
〒350-8601 川越市元町1丁目3番地1
電話番号:049-224-5721(直通)
ファクス:049-224-6705

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る