このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. 市長室
  3. 市長のひと言
  4. 市長のひと言(令和6年4月から6月)

本文ここから

市長のひと言(令和6年4月から6月)

最終更新日:2024年5月27日

排水ポンプ車合同訓練

5月24日(金曜)、川越市とふじみ野市が合同で、寺尾地内の川越江川において、排水ポンプ車の実働訓練を行いました。
両市の職員による訓練では、実際に排水ポンプ車を配置した上で、排水ポンプの設営、操作手順の確認などを行い、有事の際には迅速かつ適切な対応ができるよう、作業の習熟に努めました。
引き続き、防災体制の強化に努めてまいりますが、市民の皆様におかれましても、日頃から防災の備えを意識していただくとともに、これから雨の多い時期になるため、気象情報に注意し、早めの対策、行動を心掛けていただきますようお願いいたします。

排水ポンプ車合同訓練の様子

排水ポンプ車合同訓練時の市長挨拶の様子

「災害時におけるポータブル電源等の優先提供に関する協定」の調印式及び寄贈式

5月17日(金曜)、川越市とエスエス電子株式会社様で「災害時におけるポータブル電源等の優先提供に関する協定」を締結しました。
エスエス電子株式会社様は、1997年に本市において設立し、主にケーブル製品の販売等を行っておられる企業です。
この協定は、災害時にポータブル電源等の必要な資機材を優先提供していただくことで、停電等が発生した際に、より迅速な給電を可能とすることを目的としています。
また、同日にポータブル電源(2台)を寄附していただきました。避難所をはじめ、災害対応を行う現場において有効に活用させていただきたいと思います。
市といたしましても、引き続き、市民の皆様の安全・安心が確保できるよう、更なる防災力向上に努めてまいります。

協定式の様子

協定式の様子

令和6年度川越市スポーツ少年団体育祭

5月11日(土曜)に令和6年度川越市スポーツ少年団体育祭が開催されました。
川越運動公園の体育館、陸上競技場、自由広場には、様々なスポーツを体験できるコーナーが設置され、たくさんの子どもたちがそれぞれの競技を楽しみました。日頃体験できない競技に触れることで、改めてスポーツの面白さを感じることができたことと思います。
これからもスポーツを楽しみ、仲間との繋がりを大切にしてもらいたいと思います。また、開催にあたりご尽力いただいた川越市スポーツ少年団をはじめ、関係者の皆さまには心から感謝申し上げます。

開会式の様子

川越自然発見2024 伊佐沼より真心をこめて

5月11日(土曜)にグリーンツーリズム拠点施設及び周辺で開催された、公益社団法人川越青年会議所様の主催による「川越自然発見2024 伊佐沼より真心をこめて」に出席しました。
イベントでは、収穫体験や巨大貼り絵のほか様々なプログラムが用意され、晴天のもと会場には来場者の笑顔があふれていました。プログラムの一つとして、激減してしまった伊佐沼の蓮を復活させるため、伊佐沼の蓮を咲かそう会をはじめ、関係団体の皆さまのご協力により、子どもたちが種から育てた蓮の苗の植え付けと、蓮の減少の原因と考えられるアカミミガメの捕獲の実演も行われました。私も伊佐沼に再び多くの蓮が咲くことを願っております。
このような川越の自然、伊佐沼の自然をテーマとしたイベントを開催いただいた川越青年会議所の皆様、関係団体や地元の皆様に敬意を表するとともに、川越の豊かな自然を大切にしていきたいと思います。

イベントの様子

伊佐沼の古代蓮
復活が望まれる伊佐沼の古代蓮

アンネのバラ

5月2日(木曜)、昨年、市役所庁舎前に植樹を行ったアンネのバラが開花しました。


このバラは、ユダヤ人の少女アンネ・フランクに捧げられたバラで、令和5年2月に「テレジンを語り継ぐ会」の皆様からご寄贈いただいたものです。


幾輪もつぼみがふくらんでおり、これから綺麗な花を咲かせ、庁舎を彩ってくれそうです。


平和の願いが込められたこのバラの花を愛で、戦争や災害で不安な日々を過ごす方々に一日も早く安寧の日が訪れることを願います。


アンネのバラ

アンネのバラ

仙波二郎安家の山車修繕お披露目会

4月21日(日曜)仙波氷川神社で行われた仙波二郎安家の山車修繕お披露目会に出席しました。

仙波二郎安家の山車は、江戸時代の慶応年間に作られた祭り屋台を元とし、後に山車に改修されたもので、川越まつりのほか、地元仙波氷川神社のお祭り等で運行される地域の祭礼に欠かせない山車です。

今回の修繕事業は、地域の皆様の熱意により実現したもので、修繕事業をきっかけに山車の見学会等のイベントを開催し、地域に住む若者や子どもたちにも、山車を身近に感じてもらう機会も創出されたと伺いました。山車行事の後継者育成という観点からも、大変意欲的な活動をされていることに、深く敬意を表します。

仙波二郎安家の山車は、今年の川越まつりで曳き回される予定とのことです。皆様にもぜひご注目頂きたいと思います。

お披露目会の様子

お披露目会の様子

電気自動車用充電ステーション開所式

令和5年度中に株式会社ビー・エム・エル様からいただいた寄附金を活用し、電気自動車用充電ステーションをなぐわし公園ピコアに設置し、4月16日(火曜)に開所式を開催しました。
また、この他に川越運動公園と高階市民センターにも電気自動車用充電器を設置しました。充電設備は市民の皆様も利用することができ(有料)、脱炭素社会の実現に向け環境にやさしい電気自動車の普及を図ることができるものと期待しています。
また、同寄附金を活用し、令和5年度中に、公用車として電気自動車6台と高規格救急車を1台購入しています。

開所式の様子

電気自動車用充電ステーション

寄付金受領式

4月16日(火曜)、川越中央ライオンズクラブ様から福祉事業に対しまして心暖まる寄附金をいただきました。
川越中央ライオンズクラブ様は、1982年に結成し、奉仕の理念のもとに、社会福祉事業を中心に活動し、地域貢献に寄与している団体になります。川越中央ライオンズクラブ様からは、昨年も教育・文化、産業・観光に対して多大な寄附をいただいており、幾度にもわたるご厚意に深く感謝申し上げます。
いただいた寄附金は、有効に活用させていただきます。誠にありがとうございました。

寄付金受領式の様子

寄付金受領式

4月15日(月曜)青梅信用金庫川越支店様から貴重な寄附金をいただきました。
青梅信用金庫様は、本市に支店を置き、金融機関本来の業務に加えて、地域の持続的な発展のため、「“TASUKI”寄附金」制度を創設し、未来を担う子ども達への支援等に取り組んでおられます。
昨年も子ども育成に関する事業に対して寄附をいただいており、深く感謝を申し上げます。
いただいた寄附金は有効に活用させていただきます。誠にありがとうございました。

寄付金受領式の様子

パートナーシップ制度協定式

4月12日(金曜)、埼玉県内の62市町村におけるパートナーシップ制度に係る連携に関する協定締結式を開催しました。
この協定は、パートナーシップ制度利用者の転居に伴う手続きを簡略化することで、利用者の負担を軽減し、性的少数者の方に対する社会的な理解促進に寄与することを目的としたものです。
県内全域の自治体と協定を締結することで制度を利用する方の利便性が向上できると、川越市から提案し各自治体から賛同を得て実現しました。
埼玉県内全域の市町村が連携することにより、さらなる啓発を推進できると考えています。

パートナーシップ制度協定式挨拶の様子

パートナーシップ制度協定式写真撮影の様子

春の全国交通安全運動出発式

4月5日(金曜)、ウェスタ川越交流広場で、春の全国交通安全運動出発式を開催しました。
出発式には市川川越警察署長をはじめ、多くの関係団体の代表者の出席のもと、白バイやパトカーの出発を見送った後、市民の皆さんに、交通安全の啓発活動を行いました。
また、川越交通安全協会様と川越市交通安全推進協議会様から市内の新一年生全員に送られたランドセルカバーの贈呈式も行われ、新入学児童の代表2名にランドセルカバーを贈呈しました。
交通事故を1件でも減らすため、さらなる交通安全対策の推進を図ってまいりますので、ご協力をお願いします。

出発式の様子

ランドセルカバー贈呈の様子

お問い合わせ

秘書室 秘書担当
〒350-8601 川越市元町1丁目3番地1
電話番号:049-224-5491(直通)
ファクス:049-226-3361

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る