このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. くらし
  3. ごみ・リサイクル
  4. ごみの減量・リサイクル
  5. プラスチックごみ問題に取り組もう

本文ここから

プラスチックごみ問題に取り組もう

最終更新日:2021年6月1日

海洋プラスチックごみ

プラスチックは非常に便利な素材です。一方で廃棄物・海洋プラスチックごみ・地球温暖化などの課題もあります。
プラスチックは、太陽の光に含まれる紫外線や波の力で劣化し、小さな破片になっていきますが、分解はされません。
くじらや亀などの海洋生物が、エサと間違えて食べてしまう事例が報告されています。
また、世界経済フォーラム報告書により、2050年には海に浮かぶプラスチックごみが、海にすむ魚の量を上回るかもしれないと発表されています。

プラスチックごみを減らすために

プラスチックごみを削減するために、買い物をする時には不要なレジ袋をもらわない、エコバッグを使用する、マイボトルを持ち歩くなどの取組が大切です。
また、ごみをきちんと分別し、家の周りを片付けることが、川や海の環境美化につながります。

エコバッグを持ち歩きましょう

今一度ライフスタイルを見つめ直し、レジ袋を削減するためにエコバッグを持ち歩き、またマイバスケットも使用しましょう。
※令和2年7月1日より全国でプラスチック製買物袋、いわゆるレジ袋の有料化がスタートしています。

マイボトルを持ち歩きましょう

ペットボトル飲料の購入を控え、マイボトルを使用しましょう。また、ペットボトルを購入する際には、ラベルレスのものを選びましょう。

必要のないプラスチック製品は断りましょう

コンビニエンスストアなどで、飲み物を購入した際に、不要なプラスチック製ストローは断りましょう。

川や海、まちをきれいにするために

環境美化活動に参加しましょう

地域で定期的に行われている環境美化活動に参加しましょう。
※活動に際しては、彩の国「新しい生活様式」における地域清掃活動10のポイントを参考にしてください。

お問い合わせ

環境部 資源循環推進課 減量リサイクル推進担当
〒350-0815 川越市大字鯨井782番地3
電話番号:049-239-6267(直通)
ファクス:049-239-5054

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る