このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. 健康・福祉
  3. 福祉・介護
  4. 障害者福祉
  5. 障害者の医療について
  6. 重度心身障害者医療費支給制度

本文ここから

重度心身障害者医療費支給制度

最終更新日:2019年4月1日

重度心身障害者に対し、医療費の一部負担金等について助成金を支給する制度です。

助成対象者

川越市に住所があり(一部、川越市外の障害者施設等に入所している方を含む)、健康保険に加入していて次のいずれかに該当する方。ただし、平成27年4月1日以降に65歳以上で新たに障害の程度が該当の等級になった方は対象外です。

  1. 身体障害者手帳1・2・3・4級をお持ちの方
  2. 療育手帳(旧:みどりの手帳)の○A・A・Bをお持ちの方
  3. 精神障害者保健福祉手帳1級をお持ちの方
  4. 65歳から74歳までの方で、後期高齢者医療制度の障害認定を受けた方
  5. 75歳以上で、市長の認定を受けた方

助成対象となる医療費

  1. 保険診療の一部負担金
  2. 公費負担医療制度の負担金
  3. 療養費(補装具等)の差額
  4. 訪問看護を受けた際の訪問看護基本利用料

※精神障害者保健福祉手帳1級で受給資格登録をした方は、精神病床への入院費用は対象外です。
※健康保険が適用されないものは対象外です。
例:入院時の食事代、差額ベッド料、おむつ代、車代、健康診断料、予防注射代、薬の容器代、歯の治療で健康保険が適用されない入れ歯や金属を使用した場合の医療費等。

受給資格登録

この制度による助成金の支給を受けるには、受給資格の登録が必要です。

  1. 手続きの場所:川越市役所 高齢・障害医療課(本庁舎2階2番窓口)
  2. 手続きに必要なもの

(1)障害の程度を証明するもの(身体障害者手帳等)
(2)健康保険証
(3)本人名義の通帳など振込先口座がわかるもの
(4)印鑑
(5)マイナンバー通知カードまたはマイナンバーカード
※登録手続きを行った翌月から、医療費助成を受けることができます。ただし、川越市に転入された方が転入日から15日以内に手続きを行った場合、転入日から医療費助成を受けることができます。
※登録にあたっては、原則登録者本人の署名が必要です。ただし、本人が自署不能の場合に限り代理人の署名による申請も可能です。なお、転入された方が代理人の署名による申請を行う場合には、追加で課税証明書の添付が必要となります。

ダウンロード

所得審査

登録時と1年毎の更新時に所得審査を行い、登録者本人に一定額の所得があるときは、医療費の助成金は一年間支給停止となります。審査にあたっては、市が所得を確認します。ただし、転入された方が、代理人の署名により登録申請をした場合には、その年の更新時に課税証明書を提出していただく必要があります。
なお、市が所得情報を把握できない場合には支給停止となりますので、所得が無い方も住民税申告を毎年行ってください。
審査の結果、医療費の助成対象となった方には「川越市重度心身障害者医療費受給者証」を交付します。
支給停止となる基準と期間は以下のとおりです。

  • 身体障害者手帳4級の方:その年度の登録者本人の住民税が課税の場合⇒8月~翌年の7月まで支給停止
  • 身体障害者手帳4級以外の方:前年の所得(注)が360.4万円を超過している場合⇒10月~翌年の9月まで支給停止

※所得とは収入から各種控除額を差し引いた後の額です。(収入の目安:給与収入のみの場合 516万円)
※扶養親族の人数に応じて、基準額は変わります。
※医療費助成にかかる所得については、非課税所得(障害年金等)は含みません。

ダウンロード

医療費の助成を受ける方法

市内の医療機関を受診するときは、重度心身障害者医療費受給者証を提示してください。1か月の一部負担金の合計が21,000円(70歳以上及び65歳から69歳までの後期高齢者医療制度の障害認定を受けた方は18,000円)未満の場合は窓口無料扱いとなります。
市外の医療機関を受診したときや、1か月の一部負担金の合計が21,000円(70歳以上及び65歳から69歳までの後期高齢者医療制度の障害認定を受けた方は18,000円)以上の場合は償還払いとなります。

償還払いでは、医療機関に一部負担金等を一旦支払い、川越市重度心身障害者医療費支給申請書にその領収書等を添えて高齢・障害医療課、市民センター又は南連絡所へ請求してください。
なお、医療費の支払いから5年を経過すると請求できなくなります。

また、重度心身障害者医療費の支給を受けた金額については医療費控除の対象になりませんが、領収書の金額に障害者医療費から支給されない金額が含まれているその他の理由により、領収書原本の返却を必要とする方は、高齢・障害医療課で確認後、「川越市障害者医療費申請済」等と明示して返却しますので、窓口にてお申し出ください。

支給時期は、原則として診療月の3か月後の中旬です。ただし、支給申請書を診療月の翌月以降に提出されたときは、提出した月の2か月後の中旬になります。
なお、支給金額等が記載された支給決定通知書を、支給日の2日前(その日が土日祝の場合、その前の平日)に発送して、お知らせします。

ダウンロード

受給資格登録内容の変更

身体障害者手帳等を更新したときや、健康保険証、振込先口座に変更がある場合は、重度心身障害者医療費受給資格喪失・登録事項変更届が必要です。
変更内容がわかるもの(新しい手帳、新しい健康保険証、変更後の振込先口座がわかるもの等)とマイナンバーを記載する際の新規ウインドウで開きます。本人確認書類を持って市(高齢・障害医療課、各市民センター又は南連絡所)に届出をしてください。
手帳に有効期限や再認定期日がある場合は、手帳の更新手続きをしたあと、更新後の手帳の写しと届出書を提出してください。

ダウンロード

受給者証の再交付

重度心身障害者医療費受給者証をなくしたり、汚したりしたときは、再交付を受けられます。
健康保険証を持って、高齢・障害医療課、市民センター又は南連絡所で手続きをしてください。
市民センター又は南連絡所で手続きを行った場合は、後日郵送で受給者証をお送りします。

ダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

保健医療部 高齢・障害医療課 障害者医療担当
〒350-8601 川越市元町1丁目3番地1
電話番号:049-224-6195(直通)
ファクス:049-224-7318

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る