このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. よくある質問
  3. 税金に関するよくある質問
  4. 固定資産税に関するよくある質問
  5. 固定資産税が課税されている倉庫を取り壊しましたが、どのような手続きをすればよいのですか。

本文ここから

固定資産税が課税されている倉庫を取り壊しましたが、どのような手続きをすればよいのですか。

最終更新日:2014年12月23日

回答

 市役所の資産税課家屋担当にご連絡ください。現地調査(確認)の後、翌年度分からその倉庫の課税を取消します。なお、固定資産税は1月1日を基準として課税されるものですから、取り壊しをした年度分の固定資産税は納めていただくことになります。
 建物登記簿に登記している家屋については、「滅失登記」の手続きが必要です。詳しくは、さいたま地方法務局川越支局にお尋ねください。なお、未登記の建物を取り壊しをした場合は、早めに市役所にご連絡ください。取り壊した翌年以降も課税が残ってしまうことがあります。

関連情報

お問い合わせ

財政部 資産税課 家屋担当
〒350-8601 川越市元町1丁目3番地1
電話番号:049-224-5684(直通)
ファクス:049-226-2539

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る