このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

現在のページ

  1. トップページ
  2. 市政
  3. 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  4. 大会関連情報
  5. 川越市にゆかりのある選手
  6. 東京2020オリンピック出場!川野 将虎選手(陸上・男子50km競歩)

本文ここから

東京2020オリンピック出場!川野 将虎選手(陸上・男子50km競歩)

最終更新日:2021年7月26日

10月27日(日曜)、山形県で開催された「第58回 全日本50km競歩高畠大会 兼 東京2020オリンピック日本代表選手選考競技会」で、川野将虎選手がこれまでの日本記録を2分22秒も更新する3時間36分45秒で初優勝し、東京2020オリンピック(陸上・男子50km競歩)への出場権を獲得しました。
東京2020オリンピックでの川野選手の活躍に期待し、みんなで応援しましょう!

出場種目

陸上:男子50km競歩

競技日時

2021年8月6日(金曜)午前5時30分から午前10時

競技会場

札幌大通公園

プロフィール

名前

川野 将虎(かわの まさとら)

かわの まさとら選手の写真
【写真提供 東洋大学スポーツ新聞編集部】

生年月日

1998年10月23日生まれ

経歴

高校:御殿場南高等学校
・2015年(第70回国民体育大会陸上競技)少年共通5000m競歩:2位
・2016年(第71回国民体育大会陸上競技)少年共通5000m競歩:2位
・2017年(第28回ジュニア選抜競歩大会)10キロ:優勝
大学:東洋大学(陸上競技部)
・2018年(第57回 全日本50km競歩高畠大会):3位(3時間47分30秒)日本学生記録
・2019年(全日本競歩能美大会)20キロ:2位
・2019年(日本陸上競技選手権大会)50キロ:2位
・2019年(ユニバーシアード競技大会)20キロ:2位
(経歴は主な大会を抜粋して掲載しています。)

本市とのゆかり

東洋大学(陸上競技部・川越キャンパス)出身

川野選手のコメント

 競歩はマラソンと異なり、審判によって歩行のフォームが厳しくジャッジされる競技なので、反則が続くと失格になってしまいます。反則を避けるために必要となるのが、正しいフォームを維持すること。しかし、勝負を仕掛けるときやスピードを緩めるときにフォームが崩れやすいため、レッドカードを受ける人が出てきます。そのため私は体幹を鍛え、安定したフォームで走り切るためのトレーニングを積んできました。練習のたびに自分の歩く姿をマネージャーに動画で撮ってもらい、フォームをコーチと確認し、フィジカルトレーニングも行いながらフォームを修正していきます。日頃の地道な取り組みによって、レース中どんなペースでも崩れないフォームを作ってきました。
 また、スタミナ練習と並行して、ペースの上げ下げのあるレースを想定した実戦練習も行いました。苦手な練習があっても、自分のレベルアップと安定したフォーム作りのため、果敢に挑戦しました。その結果、東京五輪の代表に内定を決めた50kmのレースではレッドカード0枚で、3時間36分45秒(1kmあたり4'20"ペース)の日本新記録でゴール。選手一人ひとりに作り上げてきたフォームがあるので、練習の積み重ねを想像しながらレースを観ていただきだいです。

お問い合わせ

総合政策部 オリンピック大会室 オリンピック大会担当
〒350-8601 川越市元町1丁目3番地1
電話番号:049-224-6315(直通)
ファクス:049-224-8712

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

川越市にゆかりのある選手

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る