このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

現在のページ

  1. トップページ
  2. 市政
  3. 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  4. 大会関連情報
  5. 川越市にゆかりのある選手
  6. 東京2020パラリンピック出場!佐野 優人選手(ゴールボール)

本文ここから

東京2020パラリンピック出場!佐野 優人選手(ゴールボール)

最終更新日:2021年8月19日

2021年7月2日(金曜)、日本パラリンピック委員会が東京2020パラリンピック競技大会の日本代表選手団を発表し、佐野優人選手が、ゴールボール(男子)の日本代表に決定しました。
東京2020パラリンピックでの佐野選手の活躍に期待し、みんなで応援しましょう!

出場種目

ゴールボール(男子)

ゴールボールは、視覚障がいのある選手がプレーするパラリンピック特有の競技で、鈴の入ったバスケットボール大のボールを互いに投げ合い、得点を競うチームスポーツです。選手は障がいの程度に関わらず、「アイシェード」と呼ばれる目隠しを装着し、全盲状態でプレーします。

ゴールボールのルール等について、詳しくは「パラリンピック、パラスポーツの総合サイト パラサポWEB」をご覧ください。

競技日時

2021年8月25日(水曜)から9月3日(金曜)

競技時間は日によって異なりますので、詳しくは「東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会ホームページ」からご確認ください。

競技会場

幕張メッセ Cホール

プロフィール

名前

佐野 優人 (さの ゆうと)

佐野優人選手の写真
写真提供:日本ゴールボール協会

生年月日

2000年6月20日生まれ

所属

順天堂大学

経歴

中学3年で視力低下や視野欠損を起こすレーベル遺伝性視神経症と診断を受け、同じ病気の先輩からの勧めでゴールボールと出会う。2017年には日本代表に初選出。本職のライトだけでなく、全てのポジションで安定した守備力を発揮できるのが強み。

主な成績

・2017年 ドバイ2017アジアユースパラ競技大会(UAE) 出場
・2019年 International Berlin Goalball Cup 2019:銅メダル獲得
・2019年 IBSA ゴールボール アジアパシフィック選手権大会 in 千葉:3位

本市とのゆかり

埼玉県立特別支援学校塙保己一学園(川越市笠幡)出身

佐野選手のコメント

ゴールボールの競技の魅力は、見えない中得点をとるためにコースを狙い全力で投球すること、ゴールを守るために体全体を使って守ること、チーム全体でコミュニケーションを絶やさないことです。
僕は、守備が得意な選手ですので、固いディフェンスをした後の速攻攻撃、移動攻撃などの多彩な攻撃とコントロールよくコースを狙い投げ込む姿を見てください。
東京大会金メダル目指して頑張ります。
応援よろしくお願いします。

お問い合わせ

総合政策部 オリンピック大会室 オリンピック大会担当
〒350-8601 川越市元町1丁目3番地1
電話番号:049-224-6315(直通)
ファクス:049-224-8712

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

川越市にゆかりのある選手

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る