このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. くらし
  3. ペット
  4. 動物愛護・飼い主の方へ
  5. 動物(犬・猫)の譲渡情報

本文ここから

動物(犬・猫)の譲渡情報

最終更新日:2021年7月13日

譲渡動物の紹介

 川越市保健所から譲渡できる動物をご紹介します。新しい飼い主を心待ちにしている犬猫たちをあたたかく迎えていただけるご家庭を募集しております。気になる犬猫がいましたら、お気軽にご連絡ください。
 ここでご紹介している犬猫以外の譲渡も行っておりますので、保健所から犬猫を譲り受けたいという方はご連絡ください。また、譲渡を受けるには一定の条件がございます。詳しくは、以下のページでご確認ください。

  • 犬や猫との面会は事前にご連絡が必要です。直接ご来所いただいても、その場で面会はできません。
    面会をご希望の方は、食品・環境衛生課(049-227-5103)までご連絡ください。

譲渡犬情報

現在、お譲りできる犬はおりません。

譲渡猫情報

現在、お譲りできる猫はおりません。

FIV・FeLVとは

  • FIV(猫免疫不全症候群ウイルス)
     猫免疫不全症候群ウイルス感染症は、一般的に猫エイズと呼ばれています。猫同士のケンカでの咬傷から感染する可能性のある病気です。発症すると免疫機能が低下し、口内炎や鼻炎などの慢性感染症等の様々な症状がみられます。
     しかし、ウイルスを持っていてもすべての猫が発症するわけでなく、発症せずに天寿をまっとうする猫もいます。ストレスのない生活を送ることで、免疫力を高く保つことができ、発症リスクを下げることができます。愛情をたっぷり注いであげ、猫が快適に生活できる環境を整えてあげてください。
     FIV陽性の猫同士または1頭で飼育することをおすすめします。
  • FeLV(猫白血病ウイルス)
     猫白血病ウイルスの感染により、白血病やリンパ腫といった腫瘍や貧血、免疫不全等、様々な病気の原因となり、発症した猫の多くは3年以内に亡くなってしまいます。母子感染や咬傷のほか、猫同士で舐めあったり同じ食器を使うなどでも感染します。
     感染している場合には、猫の免疫状態をよくするために、飼育環境を良好にし、ストレスがかからないように快適な生活を送ることが大切です。
     FeLV陽性の猫同士または1頭で飼育することをおすすめします。

関連情報

お問い合わせ

保健医療部 食品・環境衛生課 環境衛生担当(川越市保健所内)
〒350-1104 川越市小ケ谷817番地1
電話番号:049-227-5103(直通)
ファクス:049-224-2261

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る