このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. くらし
  3. ペット
  4. 動物愛護・飼い主の方へ
  5. 小江戸かわごえ動物愛護推進員について

本文ここから

小江戸かわごえ動物愛護推進員について

最終更新日:2021年9月22日

小江戸かわごえ動物愛護推進員とは

川越市では、動物の愛護及び管理に関する法律に基づき、動物の愛護と適正な飼養の普及啓発を図るため、自主的・積極的に活動を行ってくださるボランティアを募集・選考し、「小江戸かわごえ動物愛護推進員」として委嘱をしています。

活動紹介

令和3年度

ペットと飼い主のための防災手帳(愛犬版・愛猫版)を作成しました。

小江戸かわごえ動物愛護推進員だよりを発行しました。

令和2年度

9月
小江戸かわごえ動物愛護推進員紹介ポスターの作成

9月
市役所1階ロビーにて「動物愛護週間」の普及啓発についてパネル展示を実施

関連情報

9月
小江戸川越観光協会主催「越えていこう、川越」ポスタープロジェクトへの参加

10月
東京2020組織委員会主催「PEACE ORIZURU(ピース折り鶴)」への参加

11月
川越市保健所保護犬・保護猫譲渡会にてパネル展示

不定期
推進員会議にて推進員勉強会の実施

過去の活動

「さくらねこ無料不妊手術事業(行政枠)」への参加について

川越市は、令和2年3月6日より公益財団法人どうぶつ基金の「さくらねこ無料不妊手術事業(行政枠)」に参加し、小江戸かわごえ動物愛護推進員が「さくらねこ無料不妊手術事業(行政枠)」のチケットを利用できるようになりました。これにより小江戸かわごえ動物愛護推進員は、飼い主のいない猫のふん尿等による住民への生活環境に係る被害を軽減・改善するため、飼い主のいない猫に不妊(避妊・去勢)手術をする取り組みを進めてまいります。

さくらねこ無料手術実施状況(令和3年6月時点)
実施期間 手術実施頭数 オス メス
令和2年度 242頭 126頭 116頭
令和3年5月 20頭 12頭 8頭
6月 16頭 6頭 10頭
7月 30頭 15頭 15頭
8月 30頭 19頭 11頭

公益財団法人どうぶつ基金について

公益財団法人どうぶつ基金は、動物の適正な飼育法の指導・動物愛護思想の普及等を行い、環境衛生の向上と思いやりのある地域社会の推進に寄与することを目的とし各種事業を行う団体です。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

保健医療部 食品・環境衛生課 環境衛生担当(川越市保健所内)
〒350-1104 川越市小ケ谷817番地1
電話番号:049-227-5103(直通)
ファクス:049-224-2261

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る