このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. くらし
  3. 交通と道路・河川
  4. 交通安全
  5. 「きらめき3H運動」について

本文ここから

「きらめき3H運動」について

最終更新日:2018年7月23日

高齢歩行者の交通事故防止のために

埼玉県警察では、高齢者や道路横断中の歩行者が被害となる事故を1件でも減らすため、道路を横断中の高齢歩行者の安全確保を最優先とした対策を「きらめき3H(トリプルエイチ)運動」と銘打って推進することとしました。

3つのキーワード

  • めのライト (ライトが光る)
  • 射材の着用 (反射材が光る)
  • 行者の保護 (マナーが光る)

啓発チラシ

交通事故防止のポイント

1.早めのライト点灯

  • 交通事故は、夕暮れ時から夜間の時間帯に多く発生する傾向があります。夕暮れ時は早めのライト点灯を心掛けましょう。
  • 夕暮れ時の視認性を確保して、歩行者等をいち早く発見するとともに、車両の存在を周囲に早めに知らせて、交通事故を防止しましょう。

2.反射材の着用

  • 夕暮れ時や夜間は、周囲が見えにくくなります。車のライトがついていても、運転者から歩行者が見えているとは限りません。道路を横断するときは、しっかり安全確認をするとともに、横断歩道を渡りましょう。
  • 反射材は、車のライト等を反射して光ります。外出時には、運転者に気付いてもらうために、反射材を身に付けて、自分を目立たせましょう。

3.歩行者保護

  • 横断歩道は歩行者が優先です。車は横断歩道を渡ろうとしている歩行者の通行を妨げないように、一時停止をしなければなりません。
  • 交差点で曲がる際には、ハンドルを切る前に減速し、左右をしっかり見て広い視野で歩行者を目視で確認しましょう。
  • 道路を横断する歩行者を早期に発見するため、先行車や対向車がいない時等は、ハイビームを適切に使用しましょう。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

市民部 防犯・交通安全課 交通安全対策担当
〒350-8601 川越市元町1丁目3番地1
電話番号:049-224-5721(直通)
ファクス:049-224-6705

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る