このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. くらし
  3. 国民年金
  4. 国民年金の請求手続き
  5. 障害年金
  6. 障害年金における国民年金と厚生年金の違い

本文ここから

障害年金における国民年金と厚生年金の違い

最終更新日:2020年4月1日

種類 受給要件 年金額
障害基礎年金

次の条件すべてに該当すること

  • 障害の原因となった病気やけがの初診日に国民年金の被保険者であること、または初診日に60歳以上65歳未満で日本国内に住所がある方であること
  • 初診日の前々月において、保険料納付要件を満たしていること
  • 障害認定日の障害の程度が1級か2級であること
  • 1級…977,125円
  • 2級…781,700円
  • 子の加算…224,900円(1人目・2人目のみ、3人目以降は75,000円)
障害厚生年金

次の条件すべてに該当すること

  • 障害の原因となった病気やけがの初診日に厚生年金の被保険者であること
  • 国民年金の障害基礎年金の保険料納付要件を満たしていること
  • 障害認定日の障害の程度が1級から3級であること
  • 1級…報酬比例の年金額×1.25+配偶者加給年金額
  • 2級…報酬比例の年金額+配偶者加給年金額
  • 3級…報酬比例の年金額
  • 障害認定日とは、障害のもととなった病気などの初診日から1年6カ月経過した日、またはその前に症状が固定した場合はその日を指します。
  • 厚生年金では、上記の他に軽い障害の場合に支給される「障害手当金」があります。
  • 子の加算は、障害年金受給者によって生計を維持されてる18歳の子(18歳の誕生日後最初の3月31日まで)、または20歳未満の障害のある子がいる場合に加算されます。
  • 障害年金の障害等級は、年金法上の基準により決定しますので、障害者手帳の等級とは同じではありません。

関連情報

お問い合わせ

市民部 市民課 国民年金担当
〒350-8601 川越市元町1丁目3番地1
電話番号:049-224-5764(直通)
ファクス:049-226-5091

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

障害年金

このページを見ている人はこんなページも見ています

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る