このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. 子育て・教育
  3. 市立小・中・高・特別支援学校
  4. 市立特別支援学校
  5. 川越市立特別支援学校 校長あいさつ

本文ここから

川越市立特別支援学校 校長あいさつ

最終更新日:2020年5月7日

ひとりだちする生徒の育成を目指して

令和2年度は、昨年度末から日本国内だけでなく、世界中で今大きな問題となっている新型コロナウイルスの感染防止対策の中でのスタートとなりました。
例年では、4月8日の入学式、始業式から新しい年のスタートとなっていましたが、人の命をも脅かすウイルス感染の予防は、何よりも大切な命に関わることであります。
1日も早くこの事態が収束し、平常の生活を取り戻すことができるように、3つの密(密閉、密集、密接)を避け、外出後の手洗いと体調管理を通して、これからも感染予防に取り組んでまいりましょう。

さて、今回の感染症の拡大に加え、昨年度は台風や集中豪雨などによる様々な自然災害にみまわれた年でもありました。そして、これら災害等は、今後いつまた起こるかもしれません。
このように、社会や身の回りで様々な問題が起きたとき、大切なことの1つは、身の回りで起きた出来事に対して、正しく理解し、考え、判断し、より良く解決していこうとする力です。このことは、社会の一員として将来を担う高等部の生徒にとって、欠かせない力であると考えます。

本校の学校教育目標は、「ひとりだちする生徒」の育成です。
それは、生徒一人一人が、社会で自立し、社会の変化に対応し、元気に働き、社会人として充実した毎日を送ることができる人の育成であり、人と人との関わりの中で、優しさや思いやりとともに、豊かな人間性を育むことでもあります。生徒一人一人が、「ひとりだち」に向け、自ら夢と希望をもち、本気で自分を磨き鍛え、自分のよさや可能性を知り、心身ともにたくましく成長することを目指しています。
豊かな知識や経験が、これから社会の一員として、社会の形成者として生きていく力となります。生徒一人一人に生きていく力を身につけていく支援をしてまいります。

今年度、本校では生徒一人一人を大切にする指導の充実、教職員の専門性の向上、開かれ信頼される学校づくりの推進、特別支援教育のセンター的機能の推進の4点を重点目標とし、生徒の「ひとりだち」に向けて全教職員が一丸となり、生徒一人一人の優しさや思いやりの心とともに、可能性を伸ばす学校を目指してまいります。

本年も、保護者の皆様、地域の皆様、実習でお世話になります企業や事業所等の皆様、さらに就労後お世話になります地域の就労支援センターの皆様の変わらぬご支援、ご協力を賜りますようお願いいたします。


川越市立特別支援学校長
 飯島 正康

お問い合わせ

川越市立特別支援学校
〒350-0052 川越市宮下町1丁目19番地1
電話番号:049-222-2753(直通)
ファクス:049-229-1231

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る