このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. 事業者向け
  3. 農業
  4. 農業集落排水関係
  5. 麦生川で発生したジクロロメタン基準値超過について(12月8日現在)

本文ここから

麦生川で発生したジクロロメタン基準値超過について(12月8日現在)

最終更新日:2021年12月8日

概要

12月8日、14時02分の分析結果報告(速報)では、麦生川(古谷樋管)、八幡川(麦生橋)及び鴨田農業集落排水処理施設(最終槽)で採水した検体から検出したジクロロメタンの濃度は次のとおりです。

検出箇所(川越市内)

(1)麦生川:古谷樋管:濃度0.004mg/L(採水日時12月8日9時20分)
(2)八幡川:麦生橋:濃度0.025mg/L(採水日時12月8日9時30分)
(3)鴨田農業集落排水処理施設(最終槽):濃度0.72mg/L(採水日時12月8日9時40分)
※(1)、(2)については、環境基準0.02mg/L。
※(3)については、排水基準0.2mg/L。
※12月8日の河川の数値は、降雨による影響があるため、参考値とします。

対応状況

鴨田農業集落排水処理施設からの汚染水排出抑制として、活性炭によるジクロロメタンの吸着措置を行うとともに、ジクロロメタンが混入したことにより低下した同施設の処理能力の改善を図っております。さらに、同処理場へ流入する管路の洗浄を行い、同施設へ汚染水が流入しないよう努めております。
発生原因特定につきましては、引き続き調査を行っております。
また、八幡川において、オイルフェンスの設置や活性炭による吸着措置を講じ、下流域への濃度低減を図っております。
公共用水域につきましては、汚染状況を把握するため、引き続き監視を行ってまいります。

用語

環境基準:人の健康を保護し、及び生活環境を保全する上で維持されることが望ましい基準。
排水基準:基本的には水質汚濁に係る環境基準を達成するために、発生源(事業所)の排水を規制することを目的に設定されています。
ジクロロメタン(塩化メチレン):メタンや塩化メチルを原料として製造される有機塩素系溶剤の一種であり、常温では無色透明の液体で、金属食器、金属加工部品等の金属製品を製造する際の洗浄脱脂剤のほか、エアロゾルの噴射剤などとして用いられます。通常、家庭用の洗剤や農薬等には含まれておりません。

リンク

お問い合わせ

産業観光部 農政課 農業集落排水担当
〒350-8601 川越市元町1丁目3番地1
電話番号:049-224-5939(直通)
ファクス:049-224-8712

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る