このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • 特別展
  • 常設展
  • イベント
  • 教育普及
  • コレクション
  • 刊行物
  • 市民ギャラリー
  • 創作室
  • 利用案内
サイトメニューここまで

本文ここから

特別展最新情報

最終更新日:2017年1月20日

招き猫亭コレクション 猫まみれ展

会期

2017年1月14日(土曜)から3月12日(日曜)まで

開催趣旨

 猫を愛してやまない美術コレクター・招き猫亭氏が約40年に渡り収集してきた、猫をモティーフにした美術品の数々を一挙にご紹介します。
 
 猫の魅力は、猫の美しさ、神秘性、孤高の気高さ、愛らしさなどありますが、作品になると、その気ままな性格の猫に画家自らの心を重ねて表現されることもあります。古今東西、猫の魅力にとりつかれた猫愛好家は数多くいます。現代社会において、身近な存在の猫は日常生活においても重要なパートナーでもあります。
 
 本展では、そうした猫に魅了されて生み出された絵画、版画、彫刻などを多数のコレクションから選りすぐり、テオフィル・アレクサンドル・スタンラン、オーブリー・ビアズリー、レオナール・フジタ(藤田嗣治)、横尾忠則の作品など、数多くの作家の作品をご覧いただきます。
 
 猫ファン、美術ファンはもちろんのこと、幅広い世代の方々に楽しんでいただける展覧会です。

開館時間

午前9時から午後5時(入場は午後4時30分まで)

休館日

月曜日

観覧料

一般 500円(400円)
大学生・高校生 250円(200円)
中学生以下 無料
 ( )内は20名以上の団体料金

  • 身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳又は療育手帳をご持参の方、及びその介護者1名は無料
  • 「川越きものの日」にちなみ、8日、18日、28日に着物で来館された方は団体料金
  • 2月22日(水曜)は「猫の日」にちなみ団体料金で観覧できます

掲載作品

1 テオフィル・アレクサンドル・スタンラン《冬―クッションの上の猫》 1919年
2 小林清親《猫と提灯》 1877年
3 椿貞雄《たま寝る図》 1930年頃
4 オーブリー・ビアズリー《黒猫》 1894年頃
5 西誠人《燐太郎》 2005年
6 稲垣知雄《猫の肖像》 制作年不詳
7 西誠人《伸太郎》 2002年
8 合田佐和子《White Heart》 2008年
9 木下晋《甘え》 2007年
 

関連イベント

 2月25日(土曜) 午後2時から3時30分 
 講師:月本寿彦さん(茅ヶ崎市美術館学芸員)
 

 2月18日(土曜) 午前11時から/午後2時から
 講師:山中現さん(木版画家・出品作家)
 

 1月18日(水曜)、3月9日(木曜) 午前10時から11時30分
 協力:NPO法人川越子育てネットワーク

 2月4日(土曜)、3月4日(土曜)(手話通訳付き) 午後2時から
 

 1月22日(日曜) 午後2時から
 演奏:Duo Iris(デュオ・イリス)
 

 1月14日(土曜)、15日(日曜)、 3月11日(土曜)、12日(日曜)
 午前10時から正午、午後1時から3時
 

 1月21日(土曜) 午前10時から正午
 講師:宗高美恵子さん(画家)

主催

川越市立美術館

後援

朝日新聞西埼玉支局、埼玉新聞社、産経新聞さいたま総局、東京新聞さいたま支局、日本経済新聞社さいたま支局、毎日新聞社埼玉西支局、読売新聞さいたま支局、NHKさいたま放送局、J:COM川越、テレ玉、FM NACK5

協力

招き猫亭

企画協力

アートシード

お問い合わせ

川越市立美術館
〒350-0053 川越市郭町2丁目30番地1
電話番号:049-228-8080(直通)
ファクス:049-228-7870

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

特別展

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
〒350-0053 埼玉県川越市郭町2丁目30番地1
電話:049-228-8080
ファクス:049-228-7870
E-mail:bijutsu@city.kawagoe.saitama.jp