このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • 特別展
  • 常設展
  • イベント
  • 教育普及
  • コレクション
  • 刊行物
  • 市民ギャラリー
  • 創作室
  • 利用案内
サイトメニューここまで

本文ここから

企画展示室年間予定

最終更新日:2018年3月30日

平成30年度

第44回川越美術協会展

観覧無料
4月10日(火曜)から15日(日曜)
 
1階市民ギャラリーでも展示しています。

板橋区立美術館コレクションによる 日本のシュルレアリスム展

特別展
4月28日(土曜)から6月10日(日曜)
 
夢のような不可思議な空間を描いた1930~50年代の作品を紹介します。
 
 

画像:小牧源太郎《生誕譜No.1》1938年
   板橋区立美術館所蔵

刊行25周年記念 にじいろのさかな原画展~マーカス・フィスターの世界~

特別展
7月28日(土曜)から9月9日(日曜)
 
世界中で愛されるベストセラー絵本「にじいろのさかな」シリーズ。にじいろに輝くうろこを持った美しいさかなが、仲 間とのふれあいを通して幸せを見つける物語です。スイス出身の作者マーカス・フィスターによる、構図や表現、印刷技法にこだわった約 160点の原画を展示いたします。
 
 
 
  
画像:『まけるのもだいじだよ にじいろのさかな』表紙原画 2017年

第67回川越市美術展覧会

観覧無料
第1期 9月26日(水曜)から30日(日曜)
第2期 10月3日(水曜)から7日(日曜)
 

乙女デザイン-大正イマジュリィの世界-

特別展
10月13日(土曜)から11月25日(日曜)
 
橋口五葉、杉浦非水、竹久夢二、小林かいちなど、大正期を中心とした独創的なデザインやイラストレーションに注目します。
 
 
 
画像:竹久夢二《涼しき装ひ》『三越』15巻第6号挿画 1925年
   板橋区立美術館所蔵

生誕100年 歿後20年 相原求一朗の軌跡-大地への挑戦-


特別展
第一部 12月1日(土曜)から1月27日(日曜)
第二部 1月31日(木)から3月24日(日曜)
 
北海道の自然に魅了され、その厳しさを描き続けた画家・相原求一朗(1918-99)の画業を、100点以上の作品でたどる大回顧展。
 
 
 
画像:相原求一朗《雪の道ほのかに遠く》1981年 当館所蔵

お問い合わせ

川越市立美術館
〒350-0053 川越市郭町2丁目30番地1
電話番号:049-228-8080(直通)
ファクス:049-228-7870

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

特別展

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
〒350-0053 埼玉県川越市郭町2丁目30番地1
電話:049-228-8080
ファクス:049-228-7870
E-mail:bijutsu@city.kawagoe.saitama.jp