川越市

フードドライブを実施します

更新日:2022年9月28日

フードドライブとは

フードドライブとは、「特売で買い過ぎてしまい、食べきれない食品」「お中元等のいただきもので手を付けていない食品」など、家庭で処分できずに余っている食品を回収し、食べ物を必要としている生活困窮世帯や社会・児童福祉施設、生活困窮者を支援する団体等へ寄付する活動のことです。
昨年度に引き続き、本年度も「埼玉県県下一斉フードドライブキャンペーン」に参加し、他部署の協力を得ながら当該事業を実施します。
上記キャンペーンの詳細については、外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。埼玉県ホームページ(外部サイト)(令和4年9月30日から公開予定)をご覧ください。

食品ロスについて

まだ食べられるのに、捨てられてしまう食品、「食品ロス」の削減は、世界的な課題として認識され、日本では年間約522万トン(令和2年度推計値)もの食品ロスが発生しています。これは世界全体の食料支援料(約420万トン)のおよそ1.2倍に相当します。
この食品ロス約522万トンの内、一般家庭から発生する食品ロス量は約247万トンと推計されています。
フードドライブは、これら家庭由来の食品ロスを削減し、食べ物を必要としている団体等へ寄付する活動です。

実施日時

令和4年10月3日(月曜日)から11月30日(水曜日)※土・日曜日・祝日は除く
午前9時から午後4時30分

受付場所

環境プラザ(つばさ館)(川越市鯨井782-3)
環境政策課(本庁舎5階)(川越市元町1-3-1)
生活福祉課(本庁舎1階)(川越市元町1-3-1)
こども家庭課(本庁舎3階)(川越市元町1-3-1)
※上記にて、家庭で処分できずに余っている食品を受け付けします

イベントでの受付

「川越から地球を元気にSDGsアクションフェスタ2022」イベント会場でも受付を行います
日時:令和4年11月3日(木曜日・祝日)午前10時から午後3時
場所:ウェスタ川越交流広場、ウニクス川越にぎわい広場

「つばさ館まつり2022」イベント会場でも受付を行います
日時:令和4年11月20日(日曜日)午前9時30分から午後3時
場所:環境プラザ(つばさ館)

回収可能な食品

  • 賞味期限が明記されており、かつ賞味期限が3か月以上あるもの
  • 常温で保存可能なもの(肉や野菜などの生鮮食品、冷蔵及び冷凍食品は不可)
  • 未開封であるもの
  • 包装や外装が破損していなく、中身が出ていないもの
  • 包装や外装を他のものに移し替えていないもの

具体例

  • お米(白米、玄米、アルファー米)※精米日から2年以内のもの
  • 乾麺(パスタ、そうめん、うどんなど)
  • 保存食品(缶詰、瓶詰)
  • インスタント及びレトルト食品(カップ麺、カレーなど)
  • フリーズドライ食品(みそ汁、雑炊など)
  • 乾物(のり、ふりかけ、お茶漬けなど)
  • 調味料(醤油、食用油、みそ、砂糖など)
  • 菓子類
  • 飲料(ジュース、コーヒー、お茶など)※アルコール類は不可
  • ギフトパック(お歳暮、お中元等の贈答品など)

※各種条件を満たさない場合や食品の状態によっては、受け付けない場合がありますので、ご了承ください。

回収した食品の寄贈先

川越市社会福祉協議会

関連情報

お問い合わせ

環境部 資源循環推進課 減量リサイクル推進担当
〒350-0815 川越市大字鯨井782番地3
電話番号:049-239-6267(直通)
ファクス:049-239-5054
E-Mail:このページの作成担当にメールを送る

市のトップへ戻る