このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

本文ここから

川越市大学奨学金

最終更新日:2018年9月1日

川越市大学奨学金とは?

学業成績が優秀であり、経済的理由により大学における修学が困難な高校生等に対して、返済を必要としない給付型奨学金を支給する制度です。支給を受けることができる方は、次の条件をすべて満たしている方です。

  • 申請時点において、市内に引き続き1年以上住所を有すること(市内の児童養護施設に入所している者は除く)
  • 高等学校、中等教育学校(後期課程)、特別支援学校(高等部)の最終学年又は、高等専門学校第3学年に在学していて修業年限が4年又は6年の大学(大学院及び短期大学を除く)へ平成31年4月に進学すること
  • 世帯全員の所得額の合計(世帯所得)が下表の基準額未満であること
  • 高等学校、中等教育学校(後期課程)、特別支援学校(高等部)及び高等専門学校における全科目成績評価が3.5(5段階評価)以上であること(第1学年、第2学年、第3学年1学期の平均)
  • 在籍している高等学校等の校長の推薦を受けられること(各高等学校等1校当たりの推薦者数は最大2名まで)

世帯所得の基準額

世帯人数 2人 3人 4人 5人以上
世帯所得額 340万円 380万円 450万円 490万円

奨学金の支給内容

募集人員

5名程度

奨学金の支給内容

支給区分

支給金額

支給回数 支給期日
入学準備金 200,000円 大学入学時1回 大学入学の前年度3月末日まで
学資金 37,500円(月額) 在学年度あたり2回 毎年4月末日及び9月末日

※他の奨学金制度を受けられる方も申請できます。

申請方法(平成30年度の申請受付は終了しました)

所定の申請用紙に記入の上、下記の必要書類を添付して、教育総務課へ持参または郵送(平成30年8月31日必着)
募集案内については、教育総務課、市立図書館に用意してあります。
また、「川越市大学奨学金支給申請書」、「推薦書」及び「作文の原稿用紙」については、下のリンク先よりダウンロードできます。

申請書類

  1. 川越市大学奨学金支給申請書【様式第1号】
  2. 作文(指定の原稿用紙)
  3. 推薦書【様式第2号】(在学している学校へ依頼してください)
  4. 成績証明書(第1学年、第2学年、第3学年1学期の内容)
  5. 住民票(世帯全員のもの)注記:マイナンバーの記載が無いもの
  6. 世帯全員の平成29年中の所得が分かるもの(平成30年度課税証明書)
  7. 生活保護受給証明書(生活保護を受給している者)
  8. 児童養護施設在籍証明書(児童養護施設に入所している者)

◆作文は600字程度。テーマは『大学で学びたいこと』。

世帯別申込書類について

  • 課税非課税世帯の方

上記1から6の書類を提出

  • 生活保護受給世帯の方

上記1から5及び7の書類を提出

  • 児童養護施設に入所している方

上記1から5及び8の書類を提出

申請期間(平成30年度の申請受付は終了しました)

平成30年8月1日(水曜)から平成30年8月31日(金曜)必着
[土曜日、日曜日および国民の祝日を除く]

申請先

教育総務課(市役所東庁舎2階)まで持参もしくは郵送

選考について

選考方法

(1)第1次選考(書類審査)
(2)第2次選考(個人面接)1人あたり10から15分程度
面接対象者:第1次選考通過者

選考結果について

選考結果については、10月初旬までに通知する予定です。

寄附について

本制度は篤志家からの寄附金を原資に基金を設置し、創設した制度です。本制度の趣旨を御理解いただき、今後も皆様からの寄附の御協力をお待ちしております。本基金への寄附につきましては、ふるさと納税制度をご利用いただけます。
ふるさと納税の詳しい取り扱いにつきましては、こちらをご覧ください。

お問い合わせ

教育委員会 教育総務部 教育総務課 総務担当
〒350-8601 川越市元町1丁目3番地1
電話番号:049-224-6074(直通)
ファクス:049-224-5086

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る