このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. 市政
  3. 市の概要・紹介
  4. 川越市の紹介
  5. 市のキャッチフレーズ・シンボルマーク

本文ここから

市のキャッチフレーズ・シンボルマーク

最終更新日:2015年1月3日

市のキャッチフレーズ

 ~みんなのまちづくりの「合言葉」~

 時が人を結ぶまち川越

 ~時が人を結ぶまち川越~

 いにしえから続く「時」の中で、人と人とのつながりによって生まれ受け継がれてきた歴史、伝統、文化と豊かな自然が織りなすまち川越。

 嬉しいとき、悲しいとき、いつでも気持ちを分かち合える誰かがそこにいる、そんなあたたかいまちへの想い。

 これからも途切れることなく刻まれる「時」の中で、人と人が出会い、そしてつながり、新たな川越が生まれます。

市のシンボルマーク

制定の背景

 少子高齢化の進展や人口減少社会の到来など、地方自治体を取り巻く社会経済状況は大きく変化しています。 この時代の転換期をチャンスととらえ、市民と行政が力を合わせて、住みよい魅力あふれるまちづくりを進めていくため、市民と行政の合言葉となるキャッチフレーズを平成23年10月に、キャッチフレーズをもとにしたシンボルマークを平成24年5月に市民の皆さまの参画をいただいて制定しました。

 キャッチフレーズ及び、キャッチフレーズをもとにしたマークデザインのアイデアをそれぞれ公募し、応募作品の中から、選考委員会により次の方の作品が最優秀作品として選ばれました。

キャッチフレーズ

 川越市在住の府川祐(ふかわたすく)さんの作品

シンボルマーク

 東京都国分寺市在住の山本想太郎(やまもとそうたろう)さんの作品

シンボルマークのデザイン

 シンボルマークのデザインは、人と人の手によって、川越のシンボルとも言える「時の鐘」の姿をつくり出しており、キャッチフレーズに込められた市民の「川越のまちへの想い」を表現しています。

シンボルマークの活用

 このシンボルマークは、市役所をはじめ、市民、市内の各団体や事業者であれば、原則どなたでも自由に使用できます。ダウンロードデータをご用意しましたので、是非ご活用ください。

 ★詳しくは、「使用ガイドライン」をご覧ください。

 マークのデータについて、ダウンロードデータ(GIF、JPG、AI)以外にもEPS、PDFがありますので、必要な場合は政策企画課までご相談下さい。

 なお、AIファイルは、編集ソフト『イラストレーター』を使用する方向けのファイルです。ご使用のパソコンの状況によっては、AIファイルが他のファイル形式に変換されて表示されることがありますので、ご注意ください。

市のシンボルマーク

ダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

総合政策部 政策企画課 広域企画担当
〒350-8601 川越市元町1丁目3番地1
電話番号:049-224-5503(直通)
ファクス:049-225-2895

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る