このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

本文ここから

エコチャレンジファミリ-「可燃ごみのダイエットコース」の結果

最終更新日:2015年1月3日

エコチャレンジファミリー「可燃ごみのダイエットコース」

 エコチャレンジファミリー「可燃ごみのダイエットコース」とは、6週間にわたり、普段何気なく捨ててしまっている可燃ごみの出し方を再確認し、またごみの減量の取り組みをすることでどれだけごみを減らすことができるか実際に可燃ごみの重さを量りながらチャレンジするコースです。

今回は応募のあった4家族のごみの減量の記録を紹介します。

・可燃ごみ排出量の推移

最初の2週間 次の2週間 最後の2週間 減量結果
取組内容 今まで通りのごみ出し 分別の再確認・生ごみの水切り実践後 3R+1Rの取り組みの実践後 最初の2週間と最後の2週間の差
A 7,150g 5,690g 5,040g 2,110g
B 4,740g 1,420g 1,120g 3,620g
C 14,600g 13,800g 13,700g 900g
D 1,030g 960g 730g 300g

排出量推移グラフ


ごみの分別・生ごみの水切り効果
1から2週間目と3から4週目の差
3R+1Rの取り組み効果
3から4週目と5から6週目の差
A 1,460g 650g
B 3,320g 300g
C 800g 100g
D 70g 230g
・1人1日あたりの可燃ごみの排出量(川越市平均:480g)

最初の2週間 次の2週間 最後の2週間
取組内容 今まで通りのごみ出し 分別の再確認・生ごみの水切り実践後 3R+1Rの取り組みの実践後
A 128g 102g 90g
B 113g 34g 27g
C 261g 246g 245g
D 37g 34g 26g

 各家庭から報告のあったデータをみてみると、どの家庭もごみの減量に成功していることがわかります。特にごみの分別の再確認や生ごみの水切り効果が高いようでした。
 各家庭で減らせるごみの量は少ない量かもしれませんが、川越市の各家庭で取り組んでいただくことで、市全体の可燃ごみの排出量は大幅に減らすことができます。参加家族からも「楽しみながらごみ出しができた」や「子供に物の大切や限りある資源を大事に使うことなどが伝わった」などの感想があり、大人、子供とも大変積極的に取り組んでいただけたようです。
 皆さんも身近なごみ問題についてもう一度考えてみませんか?

※参加家族のごみダイエット記録の詳細はページ下部「ダウンロード」より。

関連情報

ダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

環境部 資源循環推進課 減量リサイクル推進担当
〒350-0815 川越市大字鯨井782番地3
電話番号:049-239-6267(直通)
ファクス:049-239-5054

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る