このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

本文ここから

フードドライブを11月18日に試行的に実施します

最終更新日:2018年11月8日

フードドライブとは

フードドライブとは、「特売で買い過ぎてしまい、食べきれない食品」「お中元等のいただきもので手を付けていない食品」など、家庭で処分できずに余っている食品を回収し、食べ物を必要としている生活困窮世帯や社会・児童福祉施設、生活困窮者を支援する団体等へ寄付する活動のことです。

食品ロスについて

まだ食べられるのに、捨てられてしまう食品、「食品ロス」の削減は、世界的な課題として注目されており、日本では年間約646万トン(平成27年度推計値)もの食品ロスが発生しています。これは世界全体の食料援助量(約320万トン)のおよそ2倍に相当します。
この食品ロス約646万トンの内、一般家庭から発生する食品ロス量は約289万トンと推計されています。
フードドライブは、これら家庭由来の食品ロスを削減し、食べ物を必要としている団体等へ寄付する活動です。

実施日時

平成30年11月18日(日) 午前10時から午後3時
当日はつばさ館まつり2018が開催され、そのイベントの1つとして実施します。

場所

川越市資源化センター環境プラザ「つばさ館」3階研修室前フロアー
埼玉県川越市鯨井782番地3

回収可能な食品

・賞味期限が明記されており、かつ賞味期限が3か月以上あるもの
・常温で保存可能なもの(肉や野菜などの生鮮食品、冷蔵及び冷凍食品は不可)
・未開封であるもの
・包装や外装が破損していなく、中身が出ていないもの
・包装や外装を他のものに移し替えていないもの

具体例

◆お米(白米、玄米、アルファー米)※精米日から2年以内のもの
◆乾麺(パスタ、そうめん、うどんなど)
◆保存食品(缶詰、瓶詰)
◆インスタント及びレトルト食品(カップ麺、カレーなど)
◆フリーズドライ食品(みそ汁、雑炊など)
◆乾物(のり、ふりかけ、お茶漬けなど)
◆調味料(醤油、食用油、みそ、砂糖など)
◆菓子類
◆飲料(ジュース、コーヒー、お茶など)※アルコール類は不可
◆ギフトパック(お歳暮、お中元等の贈答品など)
※各種条件を満たさない場合や食品の状態によっては、受け付けない場合がありますので、ご了承ください。

回収した食品の寄贈先

NPO法人フードバンク埼玉等

関連情報

お問い合わせ

環境部 資源循環推進課 減量リサイクル推進担当
〒350-0815 川越市大字鯨井782番地3
電話番号:049-239-6267(直通)
ファクス:049-239-5054

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る