このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

本文ここから

母子・父子・寡婦福祉資金の貸付

最終更新日:2017年4月3日

母子及び父子並びに寡婦福祉資金貸付制度の御案内

母子父子寡婦福祉資金貸付制度とは

ひとり親家庭のお母さん、お父さん及び寡婦の方の経済的自立や、扶養しているお子さんの福祉増進のために、必要な資金をお貸しする制度です。

貸付けを申請できる方は

1.母子家庭の母、父子家庭の父

20歳未満のお子さんを扶養している方で、

  • 配偶者が死亡又は配偶者と離婚し、現に結婚していない方
  • 配偶者の生死が不明、又は配偶者から6か月以上遺棄されている方
  • 配偶者が外国にいるため、その扶養を受けることができない方
  • 配偶者が精神又は身体の障害により長期にわたって働けない方
  • 配偶者が法令により拘禁されているため、その扶養を受けることができない方
  • 婚姻によらないで母または父となり、現に結婚していない方

2.父母のない、20歳未満の児童

3.寡婦(一部所得制限があります。)

かつて母子家庭の母であった方で、現在も上記1のいずれかに該当する方

4.40歳以上の配偶者のない方であって、母子家庭の母及び寡婦以外の女性

5.1に該当する母または父の子

(高校卒業以上の修学資金・就学支度資金・修業資金・就職支度資金のみ)

(注)適切な連帯保証人が見つからない等で、母または父を借主とする通常の貸付けの申請が困難であり、かつ母または父が連帯保証人として要件(収入、資産等)を満たしている場合に限ります。ただし、親権者の同意書が必要です。

所得制限について

上記の3または4に該当し、現在子を扶養していない方

…前年の所得額(1月1日から5月31日までに申請する場合は前々年の所得)が2,036,000円以下の方が対象です。

貸付けの申請に当たって

1.川越市役所こども家庭課に御相談ください。申請前に母子・父子自立支援員との面談が必要です。あらかじめお電話で予約をお願いします。

2.申請の際、以下の書類が必要です。

  • 申請書
  • 全部事項証明書【戸籍謄本】(家族全員のもの。おおむね3か月以内に発行されたもの〔原本〕)
  • 課税証明書(所得、扶養人数、控除内容のわかるもの。市町村長の発行したもの〔原本〕)
  • 納税証明書(非課税の方を除く〔原本〕)
  • 銀行通帳の写し(名義、口座番号が確認できるもの)
  • 連帯保証人がいる場合は、その課税証明書(所得、扶養人数、控除内容のわかるもの。市町村長の発行したもの〔原本〕)
  • その他資金の種類により、資金の使途明細書、入学許可書の写し、事業計画書、収支計画書等

3.母及び父並びに寡婦の方が修学資金、修業資金、就職支度資金及び就学支度資金を借りる場合は、お子さんが連帯借主(申請者と同様に借主となり、返済義務を負う者)となります。

4.借受けに際し、児童本人が高校卒業以上の修学資金、修業資金、就職支度資金及び就学支度資金を借りる場合は母または父を連帯保証人とします。ただし、母または父が親権者でない場合、親権者の同意書も必要です。(審査の結果、別途連帯保証人を必要する場合もございますので、あらかじめ御了承ください。)

5.川越市で調査・審査の上、貸付けを決定します。不承認となることもありますので、あらかじめ御了承ください。また、貸付額は、必要経費及び貸付限度額の範囲内で償還可能な額となります。

6.日本学生支援機構からの学資貸与を受ける場合には、当該貸与月額と、修学資金貸付上限月額との差額を限度として、貸付けを受けることができます。

貸付限度額(就学支度資金・修学資金)

ご利用が多くなっている就学支度資金と修学資金の貸付限度額は以下のとおりです。自宅外から通学する場合や、以下の例示以外に進学する場合など、詳しくは担当課までお問い合わせください。

●就学支度資金(一括払い)
進学先 国公立 私立
高等学校 150,000円 410,000円
短期大学・専修学校(専門課程) 370,000円 580,000円
大学 370,000円 580,000円

入学等のお手続きに必要な経費が対象です。お支払いは随時行います。入学金等の支払期日の1か月前には事前にご相談ください。
償還期間については貸付制度の案内をご確認してください。

なお、平成30年度から新たに大学院へ進学する場合も就学支度資金の貸付対象になりました。詳しくは下記担当課までお問合せください。

●修学資金(月額)
進学先 国公立 私立
高等学校 27,000円 45,000円
短期大学・専修学校(専門課程) 67,500円 79,500円
大学 67,500円 81,000円

入学後、修学に必要な経費が対象です。償還期間については貸付制度の案内をご確認ください。

なお、平成30年度から新たに大学院へ進学した場合も修学資金の貸付対象になりました。詳しくは下記担当課までお問合せください。

貸付金の交付と償還

1.貸付けが決定したら、速やかに借用書を提出していただきます。なお、貸付金の交付は、借用書受理後となります。また、借受人の印鑑証明が1通必要になります。保証人がいる場合は、同様に保証人の印鑑証明も必要です。

2.貸付け後、必要に応じて就学状況、事業状況等の確認、調査を行います。

3.償還金(返済金)は、据置期間終了後、●月賦●半年賦●年賦いずれかの方法で、金融機関に納入していただきます。納入方法は、主に口座振替となります。口座振替が難しい場合などは納入通知書を金融機関に持参しての現金納入となります。なお、納期限を過ぎますと、年5パーセント(平成27年3月31日までは年10.75パーセント)の割合で違約金が加算されます。

4.償還金の納入については、便利な口座振替をお勧めします。

取扱い金融機関は、以下のとおりです。

いるま野農業協同組合・埼玉縣信用金庫・埼玉りそな銀行・東和銀行・飯能信用金庫

みずほ銀行・三井住友銀行・武蔵野銀行・三菱東京UFJ銀行・りそな銀行

青梅信用金庫・群馬銀行・中央労働金庫・足利銀行・八十二銀行

ゆうちょ銀行・郵便局(口座振替のみ。窓口での納入はできません。)

相談先

こども家庭課(月曜から金曜日午前8時45分から午後5時15分)

〒350-8601
川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-5821

川越市には母子・父子自立支援員がおり、母子父子寡婦福祉資金に関することをはじめ、各種の生活相談に応じています。お気軽に御相談ください。なお、あらかじめ電話予約してください。

上記が母子父子寡婦福祉資金貸付制度の概要となります。

詳しい貸付制度の一覧・限度額については下記パンフレットにて参照が可能ですのでご活用ください。
なお、最新版につきましては、作成でき次第更新を予定しております。

ダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

こども未来部 こども家庭課 ひとり親支援担当
〒350-8601 川越市元町1丁目3番地1
電話番号:049-224-5821(直通)
ファクス:049-225-5218

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

貸付

このページを見ている人はこんなページも見ています

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る