このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. 観光
  3. 小林斗あんの軌跡

本文ここから

小林斗あんの軌跡

最終更新日:2019年2月14日

小林斗あんについて

川越ゆかりの美の巨匠 文化勲章受章者 小林斗あん

小林斗あん(1916~2007)は南町(現元町二丁目)の印章舗の三代目として生まれました。川越中学校(現県立川越高等学校)を卒業後、早くから篆刻てんこく家・河井筌盧せんろに篆刻・書法の教えを受け、10代のうちから華々しい成果をあげていました。書家・比田井ひだい天来てんらいからは「中学でこれだけ書ければ、書を習う必要はない」とまで激励されました。
 また、篆刻は古代の文字を扱うため、中国の文字学の研究が重要です。戦後は東京大学・加藤かとう常賢じょうけん教授のもとで説文学を修め、国宝の金印「漢委奴國王かんのわのなのこくおう」にまつわる偽印説を覆すなど、この方面でも力を見せています。さらに、篆刻制作の重要資料である中国古印譜の収集の質・量は、上海図書館に匹敵するとも言われ、その総集として編んだ「中国篆刻叢刊」(全40巻)は、中国でもいまだにない全集として高い評価を得ています。
 自他ともに厳しい鍛錬を課したその生涯でしたが、仕事を離れたあとは、和服を好み、その人となりは、若い門生に至るまで、常に折り目正しい応接に終始していました。

お問い合わせ

産業観光部 観光課 観光施設担当
〒350-0062 川越市元町2丁目1番地10
電話番号:049-225-2727(直通)
ファクス:049-227-5001

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る