このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

本文ここから

特別展示室

最終更新日:2020年7月10日

特別展示室から・・・

博物館は令和2年6月19日(金曜)から再開いたしました。
現在、特別展示室では「川越の地口行灯-一力斎-」をご覧いただけます。

お祭りの夜、にぎやかなお囃子はやしに誘われて神社への道を歩めば、参道に並んだたくさんの行灯あんどんが道案内してくれます。よく見ると、滑稽こっけいなことばに極彩色ごくさいしきで描かれた軽妙な絵が添えられています。これが地口行灯ぢぐちあんどんです。
展示室の入口では神社の参道を模して並んだ地口行灯のディスプレイがみなさんをお迎えします。

市内大手町で提灯屋ちょうちんやを営む土屋家は「一力斎いちりきさい」の号で代々地口行灯の絵(地口絵、とうろう絵)を描いてきました。最初のコーナーでは、地口絵にはどんなテーマがあるのか一力斎のとうろう絵から探ります。

こうしたとうろう絵は絵手本を下敷きにして描かれます。このため、絵手本はとても大切なものです。一力斎に伝わる絵手本はいずれもめくれてヨレヨレになったり、墨で汚れていたり描き継がれてきた永い歳月が感じられます。

忠臣蔵などの演劇、百人一首などの和歌、東海道五十三次など旅に関した題材・・・とうろう絵に描かれたさまざまな題材からは江戸時代の庶民が日常的に見たさまざまな事物と深い教養を知ることができます。

お問い合わせ

川越市立博物館
〒350-0053 川越市郭町2丁目30番地1
電話番号:049-222-5399(直通)
ファクス:049-222-5396

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

展示

このページを見ている人はこんなページも見ています

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る