川越市

脳脊髄液減少症について

更新日:2015年1月3日

脳脊髄液減少症とは?

 脳脊髄液減少症は、交通事故やスポーツ外傷などが原因で、脳脊髄液(髄液)が慢性的に漏れてしまい、脳脊髄液が減少してしまう病気です。
 髄液が漏れてしまうことにより大脳や小脳が下がってしまい、それにより神経や血管が引っ張られてしまうため、さまざまな症状が発生します。主なものとして頭痛、めまい、吐き気、耳鳴り、思考力低下、極端な倦怠感などで、これらが複合的・慢性的に表れます。

現在の治療法は?

 治療法のひとつとして、髄液の漏れている周辺に自身の静脈血を注入し、その血液の凝固作用を利用して髄液の漏れを防ぐ「ブラッドパッチ治療法(硬膜外自家血注入法)」があります。ただし、治療費用は病院によって異なります。
 治療方法や診療・相談にかかる費用等については、担当医師・医療機関と御相談ください。

外部リンク

現在の動きについて

 現在、医学的な解明が進められている段階であり、明確な診断基準や治療方法が確立されていません。そのため、平成19年度より、国の研究班が発足し「脳脊髄液減少症」の実態解明、「ブラッドパッチ治療法」の有効性などを含め、診断基準のガイドラインの作成等、確立に向けての研究が行われています。

外部リンク

 
 下記は、関係患者等団体のリンクです。当リンクは、利用者個人の責任においてご利用ください。

外部リンク

お問い合わせ

市のトップへ戻る