このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. 市政
  3. 財政
  4. ふるさと納税制度
  5. ガバメントクラウドファンディングを実施します

本文ここから

ガバメントクラウドファンディングを実施します

最終更新日:2021年9月14日

グリーンツーリズムに繋げる川越の農業・農地を将来に残したい!


目標金額:10,000,000円

募集期間:令和3年9月3日~令和3年12月9日

プロジェクトについて

川越の農業

今も江戸の情緒を色濃く残し、歴史的・文化的遺産が人気がある川越ですが、年間を通して農産物の産地としての魅力も有しています。
お米は、都心から30キロ圏内では最大規模の水田面積で栽培され、一斉に田植えがされる5月や収穫前の黄色く稲穂が実った9月など、美しい田園風景を楽しむことができます。
野菜は、さつまいもやさといもといったイモ類やほうれんそう、こまつななどの葉物野菜、だいこん、にんじん、ごぼうなどの根菜類等、年間を通してさまざまな季節野菜の収穫があります。
また、養豚や養鶏などの畜産業、ぶどうなどの果実、きんぎょそうやパンジーなどの花きもあり、川越の農業はバランスよく、多彩であることが特徴です。

川越の野菜
川越といえばさつまいもというほど有名な川越いもですが、川越にさつまいものイメージが定着したのは寛政時代(1700年代末)の頃になります。今は芋ほりなどの観光農園や直売も人気です

川越産のほうれんそうは、福原地区などで栽培され、埼玉県第1位、全国でも第7位の2,750t(2019農林水産省HP)の収穫量があり、現在の川越を代表する全国区の野菜です。市場ニーズも高く、主に秋から春にかけて都内などに向けて出荷されています。

川越のぶどう
主に8月中旬から9月中旬にかけて、霞ケ関地区や大東地区などで見かける巨峰の絵が描かれたのぼり旗と巨峰の直売の風景は、晩夏から初秋にかけての風物詩となっています。川越は知る人ぞ知る「巨峰づくりのパイオニア」です。昭和30年頃に全国に先駆けて栽培が始まっています。今でも多くの農家が栽培しており、この魅力を知る多くの方が農家へ直接買いに訪れます。川越の巨峰は市場に出回らない幻の巨峰とも言われています。

川越の農業の現状

川越は古くから農業が盛んで、近世では江戸に向けて穀物などを供給し、昭和の終戦前後はさつまいもの供給などで東京の食糧難を乗り越える一助となりました。しかし、近年は農業従事者の高齢化(農業従事者平均年齢60.9歳)が進み、農家の経営耕地面積は平成27年の2,449haから令和元年の1,976haと、直近5年間でも473haの減少があり、このままでは、川越の農地を維持していくことが難しくなります。
また、川越の農業は、地域の中心的な担い手として農業経営を行っている方もいますが、農業収入300万円未満の農家が7割以上を占めるなど、小規模農家で支えられている特徴があります。
今後も川越の農業、農地を都心のバックヤードにおける食料生産の基盤として将来に渡って残していくためには、農業を活性化していく必要があると考えています。

寄附金の使い道~川越の農業・農地を将来に引き継ぐために~

  1. 農業従事者の減少が続く中、少ない担い手が地域の農地を集め、耕作を担っている。農地の管理(特に水田では水路の泥あげや草刈り、農道や畔の草刈り、井戸の補修など)を地域住民と共同で行っていく取組を支援します。
  2. 耕作放棄地化しやすい水田(不整形や小規模な区画、水路の未整備など)を守っていくために、市民団体が行う米作りを支援します。
  3. 高齢化が進む農業従事者の後継者を育てるため、リタイア後に農業転身する方などに対する技術の伝達を支援します。
  4. 庭先販売を行う農家の情報をSNSなどを活用してPRを行います。
  5. 川越の農業を知っていただくとともに将来の川越の農業を支えていく人材を育成するために、農業体験や市民農園を活用し、畑の土づくり、種まきから収穫までの一連の農作業が体験できるサービスを提供します。
  6. 農業ふれあいセンターを改修し、グリーンツーリズムの拠点として活用します。

返礼品を選ぶ

以下の返礼品一覧から、ご希望の返礼品をお選びください。返礼品画像は楽天ふるさと納税の返礼品ページにリンクしています。
返礼品として人気のあるコエドビールに加え、お米や野菜セットをラインナップしました。クラウドファンディングを対象として特別にご用意した返礼品になりますのでぜひご覧ください。

コエドビール・祭エール「川越まつり」12本セット(数量限定) コエドビール12本セット ホエイプロテインメープル味(数量限定)
寄附額19,000円 寄附額15,000円 寄附額23,000円
くらづくり銘菓撰 ちふれ うるおい美白ジェル・BBクリーム・ルースパウダーセット 特別栽培米 彩のきずな11kg
寄附額12,000円 寄附額11,000円 寄附額13,000円
川越でとれたお米13kg 川越野菜おまかせセット 丹徳庭園ゴールド優待券
寄附額11,000円 寄附額7,000円 寄附額50,000円

寄附の申し込み

以下のポータルサイトのバナーをクリックし、各サイトで寄附の申し込みをお願いします。
寄付金の使途はクラウドファンディング(グリーンツーリズム)を選択してください。誤って選択していた場合、市で修正させていただきますのでご了承ください。

お問い合わせ

財政部 財政課 予算担当
〒350-8601 川越市元町1丁目3番地1
電話番号:049-224-5618(直通)
ファクス:049-225-2895

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る