このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

本文ここから

国勢調査Q&A

最終更新日:2016年10月31日

国勢調査って何?

5年に一度、10月1日現在で、全国一斉に国勢調査(こくせいちょうさ)が実施されます。国勢調査は国内に住んでいるすべての人を対象に総務省統計局が行っているもので、わが国の最も基本的な統計調査です。
調査は、統計法により5年ごとに実施することが定められており、最近では平成27年に実施されました。調査により、国内の人口や世帯などの実態を把握できます。

どんなことを調べるのですか?

国勢調査には詳細な調査結果を求める大規模調査(10年に一度)とその間に行われる簡易調査があります。調査項目は家族の構成や生まれた年月、就いている仕事の内容や勤務地などです。

国勢調査結果はどのようなことに使われるのですか?

国勢調査の人口は「法定人口」とも呼ばれています。国が正式に「人口」と言った場合に用いる数字は国勢調査の人口です。
例えば、川越市が平成15年に中核市になったときの要件の1つに「人口30万人以上」というものがありましたが、これは国勢調査で調べた人口を用いることとされています。
国でも、衆議院の小選挙区の画定や比例代表区の議員定数の算定、地方交付税の交付額の配分のための根拠となる人口等として用いられているほか、調査結果から少子高齢化や将来人口の予測、住みよいまちづくりのための計画策定等の基礎資料となるなど、国や地方公共団体がこれからの政策を進めるうえで大変重要なものとなっています。また、民間企業の経営判断や大学等での研究資料としても、国勢調査結果は幅広く利用されています。
ちなみに川越市では、次のような計画や調査にも国勢調査結果が使われています。

川越市総合計画、中心市街地活性化基本計画、かわごえ男女共同参画プラン、川越市環境基本計画、川越市緑の基本計画、川越市都市計画マスタープラン、都市計画基礎調査、川越市子ども・子育て支援事業計画など

どうしても書かなくてはいけませんか?

国勢調査は統計法という法律に基づいて実施されています。統計法では日本に住んでいる全員が調査票を提出しなくてはならないことになっています。

お問い合わせ

総務部 情報統計課 統計担当
〒350-8601 川越市元町1丁目3番地1
電話番号:049-224-6185(直通)
ファクス:049-224-2449

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る