このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. 市政
  3. 都市計画・まちづくり
  4. アスベスト対策
  5. 石綿(アスベスト)Q&A

本文ここから

石綿(アスベスト)Q&A

最終更新日:2015年1月3日

 詳しくは、外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。石綿(アスベスト)に関する情報について(埼玉県)(外部サイト) をご覧ください。

石綿(アスベスト)とは?

 石綿は自然の中に存在する非常に細い(太さは髪の毛の5,000分の1)繊維状の鉱物です。主に、青石綿・茶石綿・白石綿などの6種類があります。高温に耐える、化学薬品に強い、断熱性や防音性に優れているなどの特性があり、工業材料として広く利用されてきました。

石綿の有害性について

 大量に吸い込んだ場合には、15年から50年といわれる長い潜伏期間のあと、肺がんや中皮種などを発症するおそれがあります。青石綿・茶石綿は特に毒性が高く、平成7年に製造・使用禁止などの措置が取られました。その後、製品中に含まれて使用されたのは白石綿といわれる種類で、同16年に製造などが原則禁止されています。

石綿含有製品について

 昭和45年から平成2年にかけて、多くの石綿が輸入されていました。この時期の建築物には、石綿製品が多く使用されています。石綿製品の9割以上が、壁材・屋根材・外装材などの建材製品です。吹き付け材とは違い、一般的には飛散しにくいため、家庭内では特に心配いらないと考えられています。石綿含有製品の確認については、それぞれの製造業者や建物等の施工業者へお尋ねください。

お問い合わせ

環境部 環境対策課 大気・土壌担当
〒350-8601 川越市元町1丁目3番地1
電話番号:049-224-5894(直通)
ファクス:049-225-9800

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る