このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. 市政
  3. 市制施行100周年
  4. 募集を終了した事業
  5. 川越市市制施行100周年事業シンポジウム「小江戸川越の歴史的魅力と川越まつり」(募集終了)

本文ここから

川越市市制施行100周年事業シンポジウム「小江戸川越の歴史的魅力と川越まつり」(募集終了)

最終更新日:2022年7月12日

河合敦さん

河合敦さん(歴史作家)

1965年、東京都町田市に生まれる。青山学院大学文学部史学科卒業。早稲田大学大学院博士課程単位取得満期退学(日本史専攻)。都立紅葉川高校、都立白鴎高校、文教大学付属高等学校などを経て現在、多摩大学客員教授。早稲田大学で非常勤講師もつとめる。
[受賞歴]
 第17回郷土史研究賞優秀賞(新人物往来社)、第6回NTTトーク大賞優秀賞、2018年雑学文庫大賞(啓文堂主催)を受賞。
[主な著書]
 『早わかり日本史』(日本実業出版社)、『殿様は「明治」をどう生きたのか』(扶桑社文庫)、『逆転した日本史』(扶桑社新書)、『渋沢栄一と岩崎弥太郎』(幻冬舎新書)、『日本史は逆から学べ!』(光文社 知恵の森文庫)、『最強の教訓!日本史』(PHP文庫)、『絵画と写真で掘り起こす「オトナの日本史講座」』(祥伝社)、『関所で読みとく日本史』(KAWADE夢新書)など多数。
[その他の業績]
 「歴史探偵」(NHK)、「世界一受けたい授業」(日本テレビ)、「日本史の新常識」(BSフジ)、「にっぽん!歴史鑑定」(BS―TBS)、NHKラジオ「ごごカフェ」などテレビやラジオ出演も多数。「ぬけまいる」、「大富豪同心」などNHK時代劇の時代考証も多く手がける。

祝賀メッセージ

市民の皆さま、市制施行100周年まことにおめでとうございます!
高校教師時代、生徒を連れて史跡巡りに何度も訪れました。
川越は思い出深い街です。
市民の皆さま、この歴史と伝統ある川越に誇りや愛情を持ち、これからも素晴らしい景観を守り続けてください。

内容(シンポジウム)

NHK「歴史探偵」、BS松竹東急「号外!日本史スクープ砲」など番組出演や、『早わかり日本史』、『徳川15代将軍解体新書』など数多くの著書を持つ歴史作家・河合敦さんを迎え、小江戸川越の歴史的魅力を語っていただきます!
そして後半は、’’川越まつり’’をテーマにして、河合さんと市内の祭り関係者がその魅力に迫ります!
中台囃子連中による囃子実演もございます。
川越市市制施行100周年会議主催。

登壇者

【基調講演】

  • 歴史作家 河合敦さん

【囃子の実演】

  • 中台囃子連中

【座談会】

  • 歴史作家 河合敦さん
  • 川越市山車保有町内協議会 会長 井上誠一郎さん
  • 川越市囃子連合会 会長 宇津木二郎さん
  • 川越鳶組合 頭取 西村平雪さん
  • 川越氷川神社 宮司 山田禎久さん

日時

令和4年7月16日(土曜) 14時開会から17時00分(開場13時15分)

会場

ウェスタ川越 大ホール

定員

850名(抽選。定員は変更となる場合があります)

当選の発表

シンポジウムにお申し込みいただいた方の当選、落選の結果は、令和4年7月7日(木曜)にすべて郵送しています。

感染防止策チェックリストの公表

新型インフルエンザ等対策特別措置法第24条第9項に基づく埼玉県知事の要請により、感染防止策チェックリストを次のとおり公表します。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

総合政策部 政策企画課 市制100周年事業担当
〒350-8601 川越市元町1丁目3番地1
電話番号:049-224-5503(直通)
ファクス:049-225-2895

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る