このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. 市政
  3. 情報公開・個人情報保護
  4. 個人情報保護制度
  5. 平成17年度 個人情報保護制度の運用状況

本文ここから

平成17年度 個人情報保護制度の運用状況

最終更新日:2015年1月3日

1 開示・訂正等請求の受付、処理件数

 本市では、市民の権利や利益の保護と公正で信頼される市政の推進のため、市が保有する個人情報の取扱についてルールを定め、個人情報の開示・訂正等を請求する権利を保障する「個人情報保護制度」を平成14年4月1日から実施しています。平成17年4月1日から平成18年3月31日までの開示・訂正等請求は1094件で、うち1089件が開示請求であり、ほかに訂正等請求が5件ありました。(表1参照)。

(表1)開示・訂正等請求の受付、処理件数
請求の内容 受付件数
全部開示・訂正等
部分開示・訂正等
不開示・訂正等不可
取下げ
年度 16 17 16 17 16 17 16 17 16 17
開示 1026 1089 1021 1054 3 6 1 28 1 1
訂正 1 5 0 0 0 0 1 5 0 0
削除 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
中止 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
合計 1027 1094 1021 1054 3 6 2 33 1 1
開示請求 実施機関が管理している公文書に記載された自己に関する個人情報の開示を請求すること。
訂正請求 実施機関が管理している公文書に記載された自己に関する個人情報について、事実の誤りがあると認めるときに、その訂正を請求すること。
削除請求 実施機関が管理している公文書に記載された自己に関する個人情報が取得の制限を越えて取得されていると認めるときに、その削除を請求すること。
中止請求 実施機関が管理している公文書に記載された自己に関する個人情報が利用及び提供の制限を越えて利用及び提供されていると認めるときに、その利用及び提供の中止を請求すること。

2 実施機関別の受付、処理件数

 平成17年度の開示・訂正等請求の受付、処理件数を実施機関別に分類すると、市長に対する開示請求が1089件、訂正等請求が5件ありました。議会、教育委員会、選挙管理委員会、公平委員会、監査委員、農業委員会、固定資産評価審査委員会及び上下水道事業管理者に対しては、開示・訂正等請求はありませんでした(表2参照)。

(表2)実施機関別の受付、処理件数
実施機関 請求の内容 合計
全部開示・訂正等
部分開示・訂正等
不開示・訂正等不可
取下げ
年度
16 17 16 17 16 17 16 17 16 17
議会 開示 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

訂正等 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

合計 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
市長 開示 986 1089 981 1054 3 6 1 28 1 1

訂正等 1 5 0 0 0 0 1 5 0 0

合計 987 1094 981 1054 3 6 2 33 1 1
教育委員会 開示 40 0 40 0 0 0 0 0 0 0

訂正等 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

合計 40 0 40 0 0 0 0 0 0 0
選挙管理委員会 開示 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

訂正等 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

合計 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
公平委員会 開示 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

訂正等 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

合計 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
監査委員 開示 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

訂正等 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

合計 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
農業委員会 開示 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

訂正等 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

合計 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
固定資産評価審査委員会 開示 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

訂正等 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

合計 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
上下水道事業管理者 開示 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

訂正等 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

合計 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
総合計
1027 1094 1021 1054 3 6 2 33 1 1

 部局別では、平成17年度は、保健福祉部(1046件)、市民部(34件)及び総務部(8件)となっています(表3参照)。

(表3)部局別の受付、処理件数

実施機関名 総件数(文書数)


平成16年度 平成17年度
市議会
0 0
市長 市長室 0 0

総務部 2 8

財政部 0 0

市民部 5 34

保健福祉部 980 1046

環境部 0 0

経済部 0 0

まちづくり部 0 1

建設部 0 5

国体事務局 0 -

会計室 0 0

市長合計 987 1094
教育委員会 生涯学習部 0 0

学校教育部 40 0

教育委員会合計 40 0
選挙管理委員会
0 0
公平委員会
0 0
監査委員
0 0
農業委員
0 0
固定資産評価審査委員
0 0
上下水道事業管理者 経営管理部 0 0

事業推進部 0 0
総合計
1027 1094

3 主な対象個人情報

 平成17年度に開示請求の対象となった主な個人情報は、次のとおりです(表4参照)。なお、訂正等の請求は、5件でいずれも報告書の記載内容の訂正でした。

(表4)主な対象個人情報
主な対象個人情報 開示請求件数
要介護認定情報 1043件
住民票等請求書 24件
診療報酬明細書 12件

4 不開示決定の内訳

 平成17年度に川越市個人情報保護条例第15条(不開示情報)を適用した件数は6件です(表5参照)。なお、川越市個人情報保護条例第15条の適用を受けない不開示決定として、請求された個人情報の不存在を理由としたものが28件ありました。

(表5)非開示決定の内訳
対象となった個人情報 不開示情報 適用条文
事故報告書(2件) 開示請求者及び公務員の職務上のものを除く個人の氏名及び職名 第15条第1項2号
市営住宅の入居、退去及び管理等の情報 賃貸人及び連帯保証人等の住所、氏名、電話番号、職業及び印影等 第15条第1項2号
診療報酬明細書(2件) 傷病名欄や請求点数欄等の記載事項 第15条第第1項第8号
診療報酬明細書 傷病名欄や適用欄の記載事項 第15条第1項8号

5 不訂正決定の内容

 対象となった保有個人情報は、事故報告書であり、その内容の訂正を求められたものです。

 報告書の内容に請求者の主張する事実との相違や情報の追加の必要は認められなかったため、その全て(5件)において不訂正の決定がなされました。

6 不服申立ての処理状況

 不服申立てには、審査請求と異議申し立てがあり、平成17年度には、異議申立てが、2件提起されました。川越市個人情報保護審査会は、それぞれにつき、以下のような答申を行いました。

(1)

ア 請求内容

 「診療報酬明細書」を部分公開したことの適否について

イ 処理の経過

平成17年5月25日 保有個人情報開示請求がなされた。
平成17年6月20日 部分開示決定を行った。
平成17年8月3日 部分開示決定に対する異議申立てがなされた。
平成17年9月14日 川越市長から川越市個人情報保護審査会に諮問がなされた。
平成17年12月26日 川越市個人情報保護審査会から川越市長に対し、不開示理由を改め、併せて不開示とした情報の一部を開示するべきであるとの答申がなされた。
平成18年2月16日 川越市長は、不開示理由を改め、併せて不開示とした情報の一部を開示する決定を行った。

(2)

ア 請求内容

 「診療報酬明細書」を部分公開したことの適否について

イ 処理の経過

平成17年8月8日 保有個人情報開示請求がなされた。
平成17年9月21日 部分開示決定を行った。
平成17年11月17日 部分開示決定に対する異議申立てがなされた。
平成18年2月6日 川越市長から川越市個人情報保護審査会に諮問がなされた。
平成18年5月23日 川越市個人情報保護審査会から川越市長に対し、異議申立てに係る部分公開決定について実施機関が行った決定処分は妥当であるとの答申がなされた。
平成18年2月16日 川越市長は、本件異議申立てを棄却する決定を行った。

お問い合わせ

総務部 総務課 文書担当
〒350-8601 川越市元町1丁目3番地1
電話番号:049-224-5550(直通)
ファクス:049-225-2895

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る