このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

現在のページ

  1. トップページ
  2. 市政
  3. 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  4. イベント
  5. 東京2020オリンピック競技大会のレガシー

本文ここから

東京2020オリンピック競技大会のレガシー

最終更新日:2022年9月27日

東京2020オリンピックが川越市で開催されたことを伝えるため、大会のレガシーとして記念碑および展示コーナーを設置しました。また、市の取組などをまとめた記念誌を作成しました。

大会記念碑の設置

川越市で東京2020オリンピックゴルフ競技と聖火リレーが開催されたことを記した記念碑をそれぞれ設置しました。

記念碑 概要 設置場所
東京2020オリンピックゴルフ競技記念碑 銘文とともに、霞ヶ関カンツリー倶楽部の写真、エンブレム、ピクトグラムを記した記念碑 笠幡駅前広場
東京2020オリンピック聖火リレー記念碑 銘文とともに、聖火トーチの写真、聖火リレールートマップなどを記した記念碑 初雁公園内(市道1号線沿い)

笠幡駅前広場に設置された記念碑の写真
笠幡駅前広場

初雁公園内に設置された記念碑の写真
初雁公園内

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会記念展示コーナーの設置

U_PLACE3階の交流スペース内に、東京2020大会に向けた市の取組に関連した品々や、ゴルフ競技で実際に使用されたピンフラッグなどの数々の記念品を展示した東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会記念展示コーナーを設置しました。

展示コーナーの写真(北西側)

展示コーナーの写真(北東側)

閲覧可能時間帯

9時30分から18時15分まで(日曜日、祝日、休日、年末年始を除く)

  • 展示コーナーの一時閉鎖について U_PLACE3階交流スペース内に、「川越駅西口マイナンバーカード臨時申請窓口」が開設されることに伴い、展示コーナーを令和4年9月30日から令和4年12月2日(予定)までの間、閉鎖します。ご不便をおかけしますが、ご理解ご協力いただきますようお願いいたします。

東京2020大会記念誌の発行

東京2020大会の概要やゴルフ競技の結果、川越市ゆかりの選手の紹介や競技結果、川越市が大会に向けて実施した取り組みなど、写真を中心としてまとめた東京2020大会記念誌を発行しました。記念誌は市の図書館や公民館などでご覧いただけます。

東京2020大会記念誌の表紙と裏表紙の写真
記念誌表紙、裏表紙

電子ブック版

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。電子ブック版 東京2020大会記念誌(外部サイト)
電子ブックを携帯端末(スマートフォン等)でご覧になる場合、アプリで見る場合にはアプリのダウンロードが必要です。

PDF版

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。【全体版はこちら】東京2020大会記念誌(PDF:28,151KB)
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。【分割版はこちら】TOKYO2020の記録(PDF:15,848KB)

  • TOKYO2020へのあゆみ
  • 大会概要
  • ゴルフ競技
  • 霞ヶ関カンツリー倶楽部
  • 聖火リレー
  • ゆかりの選手
  • 都市ボランティア

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。【分割版はこちら】川越市の取り組み(PDF:13,248KB)

  • PEACE ORIZURU
  • 市内装飾
  • JOC関連
  • 各種イベント
  • パラ聖火ビジット・聖火リレートーチ展示
  • タイ王国との交流
  • 未来への継承
  • 支援委員会・特別委員会

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

総合政策部 政策企画課 広域企画担当
〒350-8601 川越市元町1丁目3番地1
電話番号:049-224-5503(直通)
ファクス:049-225-2895

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

イベント

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る