このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

現在のページ

  1. トップページ
  2. 市政
  3. 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  4. イベント
  5. 北京大会
  6. 北京パラリンピックへの挑戦!児玉 直選手(パラアイスホッケー)

本文ここから

北京パラリンピックへの挑戦!児玉 直選手(パラアイスホッケー)

最終更新日:2021年9月14日

2021年8月12日(木曜)、日本パラアイスホッケー協会は、北京2022パラリンピックへ向けた日本選手団を発表し、川越市出身で川越市役所職員の児玉直(こだま なお)選手が選ばれました。児玉選手は、2018年の平昌大会に続き2大会連続でのパラリンピック出場を目指します。

北京2022パラリンピックの出場権をかけた戦いがまもなく始まります!
児玉選手の活躍に期待し、みんなで応援しましょう!

プロフィール

名前

児玉 直(こだま なお)

児玉直選手の写真
(C)吉村もと

生年月日

1986年12月27日生まれ

ポジション

フォワード(FW)

所属

東京アイスバーンズ

経歴

2011年にパラアイスホッケーを始め、2013年に日本代表に選出。以降、世界選手権や平昌パラリンピックに出場するなど日本代表の主軸として活躍。2019年からは、日本代表キャプテンとしてチームを牽引する。

本市とのゆかり

川越市出身(川越市立名細中学校卒業・埼玉県立川越高等学校卒業)、川越市役所職員

種目

パラアイスホッケー

パラアイスホッケーとは

下肢に障害がある選手が「スレッジ」と呼ばれる専用のソリに乗ってプレーします。短いスティックを用いて、駆動用のアイスピックが付いているグリップエンドで氷を押しながら漕ぐ動きで前に進みます。また、巧みにスティックを持ち替えて、反対側のブレード部分でパスやシュートを繰り出します。

見どころ

選手が激しくぶつかり合うボディチェックは、転倒したり、スティックが折れたりすることもあるほど迫力満点。パックをスレッジのフレームの下にくぐらせながら前進する高速ドリブルも、パラアイスホッケーならではの注目ポイントです。

北京2022パラリンピックへの道のり

日本が北京2022パラリンピックの出場権を得るには、世界選手権で上位に入り、最終予選に駒を進めることが必須です。そして、最終予選を勝ち抜いた上位2チームが本大会へ出場することができます。
 

  • 2021年9月17日(金曜)から22日(水曜) パラアイスホッケー2021世界選手権Bプール(全6チーム)

↓ 上位3チーム

  • 2021年11月(予定) 北京2022パラリンピック最終予選(全6チーム)

↓ 上位2チーム

  • 2022年3月4日 北京2022パラリンピック(全8チーム)

詳しくはこちらをご覧ください

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

総合政策部 オリンピック大会室 オリンピック大会担当
〒350-8601 川越市元町1丁目3番地1
電話番号:049-224-6315(直通)
ファクス:049-224-8712

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

北京大会

  • 北京パラリンピックへの挑戦!児玉 直選手(パラアイスホッケー)
サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る