このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

昭和三十九年東京五輪回顧展

最終更新日:2022年4月1日

川越市仙波町に在住の武山正伸さんが、ご自宅で1964年東京オリンピックの記念品を展示されています。記念品の数は約300点にもおよび、県内外から多くの方々が見学を希望されています。
競技会場に足を運ばないと手に入らない各種記念スタンプや、自身が当時聖火ランナーとして走った際に着ていたランニングシャツなど、貴重な記念品の数々には目が釘付けになります。
武山さんは以前、中学の体育教師を務め、陸上部の指導をされていました。当時の教え子たちの中には、オリンピックの代表選手として活躍された方もいらっしゃいます。
見学を希望される場合は、事前に武山さんにご連絡をお願いします。(070-3630-1080 ※電話番号が以前掲載していたものから変わりました。)
他では聞けない、1964年当時のエピソードを交えながら、記念品の紹介をしていただけます。

お問い合わせ

総合政策部 政策企画課 広域企画担当
〒350-8601 川越市元町1丁目3番地1
電話番号:049-224-5503(直通)
ファクス:049-225-2895

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る