このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. くらし
  3. 税金
  4. 各種税金について
  5. 個人市民税
  6. 令和2年度市民税・県民税の納付方法の変更について(公的年金等所得とその他の所得がある場合)

本文ここから

令和2年度市民税・県民税の納付方法の変更について(公的年金等所得とその他の所得がある場合)

最終更新日:2020年6月24日

 6月10日に令和2年度市民税・県民税納税通知書を発送しました。令和2年度市民税・県民税については、一部の方において納付方法が変更となっています。
 対象の方では、複数の納付方法を併用していただく場合や一時的に納付額が増額となっている場合があります。ご迷惑やお手数をおかけしまして申し訳ありませんが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。
(納付方法の変更は、税システムの変更に伴うもので、令和2年度市民税・県民税の算出方法(税額や税率)が変更となったものではありません。)

対象の方

公的年金等所得とその他の所得がある方(65歳以上の方)
(その他所得の例:不動産所得、営業所得、雑所得(個人年金など)、給与所得(税額を給与から差引きされない場合)など)

納付方法の変更について

以下のようなケースがあります。
1.平成31年度(令和元年度)までは、公的年金から差引きされていたのに、令和2年度は納税通知書(納付書)が送付された。
2.平成31年度と比較して、公的年金から差引きされる税額が減額となり、納付書で支払う税額が増額となった。
3.4月、6月、8月の公的年金支給時に差引きされた税額が、納税通知書の記載額より多い。(*)
*3のケースでは、過納となった税額を還付又は未納分の市税に充当させていただきます。

令和3年度市民税・県民税の納付について

公的年金から差引きされる税額が減額となり、令和2年10月・12月、令和3年2月の公的年金から差引きされる税額がなくなった場合、令和3年度市民税・県民税の納付方法は下表のとおりとなります。

徴収方法 普通徴収
(ご自身で納付)
特別徴収
(年金から差引き)
時期 1期
(納期6月)
2期
(納期8月)
10月 12月 2月
税額 税額の
4分の1
税額の
4分の1
税額の
6分の1
税額の
6分の1
税額の
6分の1

*その他の所得に係る税額を納付書で納めていただく必要がある方については普通徴収(1期~4期)に別途加算されます。

お問い合わせ

財政部 市民税課 市民税第一担当
〒350-8601 川越市元町1丁目3番地1
電話番号:049-224-5640(直通)
ファクス:049-226-2540

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る