このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. くらし
  3. 上下水道局
  4. お客様へ
  5. お知らせ
  6. 水道管の凍結に注意してください。

本文ここから

水道管の凍結に注意してください。

最終更新日:2021年12月23日

寒さが本格化する前に水道管の凍結対策をしておきましょう。

厳しい寒さで水道管や水道メーターなどが凍ることがあります。例年、水が出ない・水道メーターが破損した・水道管が破裂したなどの問い合わせがあります。安心して生活するため、水資源を無駄にしないため、凍結対策を行いましょう。

水道管や水道メーターが次の場所にある場合は注意が必要です。

  • 北側・日陰・北風があたる場所にある。
  • 地上に露出している。
  • 保温材に覆われていない。
  • パイプシャフト(配管用空間)が北側にある中高層建築物など。

凍結を防ぐために。

  • 水道管や水道メーター(パイプシャフトないも同様)を保温材等で覆う。
    タオルや毛布などで覆う場合はぬれないようにビニールで包んでください。
  • 気温が氷点下になると予想されるときは水を細く流しておく。
    不凍目的以外は水栓をきちんと閉めてください。

凍結してしまったら。

  • 凍った場所にタオルなどをかぶせ、ぬるま湯をゆっくりかけて解凍する。
    熱いお湯を使うと水道管が破裂する危険があります。
  • 赤茶色の水がでた場合は、しばらく水を流して元に戻るのを待つ。
    水道管内の鉄分のため、健康を害するものではありません。

漏水しているときは

漏水は自然に直ることはなく、次第に量が多くなり、水道料金が掛かります。大切な水を無駄にしないように早急の対応をお願いします。
 

  1. 水道メーター脇の止水栓(丙止め)を水道管に直交の向きに回して水を止める。
    日頃から漏水点検を兼ねて、水道メーターの位置、状態を確認してください。
  2. 布またはビニールテープなどで破損個所をふさぐ。
  3. 水道工事店(川越市指定給水装置工事事業者)に修理を依頼する。
    市ホームページに川越市指定給水装置工事事業者一覧を掲載しています。
    集合住宅の場合は、管理会社などに連絡をしてください。
    私有地内の給水装置の修理は、設置者または使用者の費用負担になります。
  4. 水道メーターの漏水・破損は、水の窓口(電話:049-249-1911)または給水サービス課に連絡する。

お問い合わせ

上下水道局 給水サービス課 料金収納担当
〒350-0054 川越市三久保町20番地10
電話番号:049-223-3071(直通)
ファクス:049-223-0208

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る