このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. くらし
  3. 文化・教養
  4. 川越市の生涯学習
  5. 令和4年度川越市市民講座(後期)受講者を募集します

本文ここから

令和4年度川越市市民講座(後期)受講者を募集します

最終更新日:2022年8月24日

川越市市民講座について

市民の皆さまが企画・運営する、市民による市民のための講座です。
令和4年度後期は、以下の16講座の受講者を募集します。
川越市市民講座は、応募が一定数以上ある場合に開講します。
皆さま、奮ってご応募ください。

お申し込みにあたっての注意事項

  • 複数の講座にお申し込みができます。ただし、往復ハガキ1枚につき1名様1講座のお申し込みとなります。
  • 1枚の往復ハガキで、複数の講座へのお申し込みや、複数人分のお申し込み、連名でのお申し込みはできません。(ただし、講座によっては、ペアやグループでのご応募を指定するものもあります。)
  • 記入にあたっては、こすると消えるボールペン、鉛筆は使用しないでください。
  • お申し込みが定員を超えた場合は抽選となります。結果はお申込者全員に令和4年10月14日(金曜)ごろまでに返信ハガキにて郵送いたします。
  • 募集締切後、実施が決まった講座が定員に満たなかった場合は、後から応募して受講できることもありますので、担当までお問合せください。
  • お申し込みの際にいただいた個人情報は、当該事業実施および傷害保険加入のため、講座主宰者・保険会社等、第三者へ提供することがあります。ご了承のうえお申し込みください。

※古い往復ハガキを使用する場合、往信・返信ともに63円分となるよう切手が貼付されているか確認してください。

注:その他の注意事項や講座内容、お申し込み方法については末尾の「市民講座講座案内チラシ」をダウンロードのうえご確認ください。

申込みハガキ記入例

講座申込締切日

全ての講座共通で、令和4年9月30日(金曜)(必着)。

講座一覧

講座
番号

講座名 会場
1 夜間学校「川越の歴史と民俗」 高階公民館
2 俳句を楽しむ

名細公民館

3 いくつになっても楽しめる大正琴

伊勢原公民館

4 ゼロからはじめる中国語入門

伊勢原公民館

5 外国人と日本語で話そう!「やさしい日本語」講座

中央公民館

6 「ひかりの素足」を読む 中央公民館
7 楽しくマスター!! 腹式発声法&滑舌術 高階南公民館
8 誰でもできる「笑いヨガ」

中央公民館

9 いつまでも美しいプリザーブドフラワーでリフレッシュ 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。市民活動・生涯学習施設(外部サイト)
10 バルーンアートでかわいいを作ろう2022 高階公民館
11 世界にたった1つだけのフラワー・アレンジメント

霞ケ関北公民館

12

身近な友禅染 クリスマスのミニ額
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。ミニ額サンプル(画像:644KB)

霞ケ関北公民館
13 東洋医学とアロマセラピー セルフケア講座 名細公民館
14 色で知る自分ー色彩豊かに心も豊かに 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。市民活動・生涯学習施設(外部サイト)
15 120%科学を楽しむ講座 北公民館

ダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

文化スポーツ部 文化芸術振興課 生涯学習推進担当
〒350-8601 川越市元町1丁目3番地1
電話番号:049-224-6157(直通)
ファクス:049-224-8712

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

川越市の生涯学習

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る