このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. 健康・福祉
  3. 健康
  4. 予防接種(新型コロナワクチン)
  5. 海外渡航時における「新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(ワクチンパスポート)」

本文ここから

海外渡航時における「新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(ワクチンパスポート)」

最終更新日:2021年8月13日

本証明は、現に海外渡航の予定がある方のみが交付対象です。
海外渡航予定がない方の予防接種の証明は、接種券に付属している「予防接種済証(接種券を用いて接種を受けた人に渡されるもの)」又は「接種記録書(医療従事者等の優先接種対象者が渡されるもの)」となりますので、接種後、大切に保管してください。

概要

新型コロナウイルスワクチン接種済みの方に対し、防疫措置の緩和などが認められる国から入国時に接種証明を求められた場合、利用するものです。

対象者

海外渡航を予定しているパスポート取得済みの方で、渡航先にて接種証明書を必要とする方のみ。

申請方法

郵送での申請を受け、書面で発行・返送します。
下記の必要書類を川越市保健所にご郵送ください。
郵送先
〒350-1104
川越市小ヶ谷817-1
川越市保健所 新型コロナウイルスワクチン接種対策室

必要書類

  • 申請書
    下記申請書をダウンロードし、必要事項を記入してください。書類不備や、記載事項の確認のためにお電話することがありますので日中連絡が取れる電話番号をご記入ください。
    ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。予防接種証明書交付申請書(PDF:116KB)
  • パスポート(コピー)
    旅券番号や姓名等が記載された面をコピーしてください。
  • 「返信用封筒」と「住所の記載された本人確認書類(コピー)」
    切手(定型・普通郵便の場合は84円)貼付済みの返信用封筒と、その返信先の住所確認ができる本人確認書類(運転免許証等のコピー)が必要です。
  • 【場合により必要となる書類】委任状
    代理人による申請の場合は本人自署による委任状が必要です。
    ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。委任状(PDF:21KB)
  • 【場合により必要となる書類】旧姓・別姓・別名の確認書類(コピー)
    パスポートに旧姓、別姓、別名の記載がある場合、旧姓、別姓、別名が確認できる書類(例:旧姓併記の運転免許証など)が必要となりますので、該当箇所をコピーしてください。

手数料

無料

発行に要する時間

1から2週間程度
※書類不備、接種記録の確認が取れない場合、上記よりも時間を要する場合があります。

よくある質問

Q1.接種証明書の有効期限はありますか。

ワクチン接種証明書はあくまで接種を受けた本人の接種の事実を証明するものであることから、それ自体に有効期限があるものではありません。記載事項をどのように評価し、活用するのかは、一義的には証明書の提示を受ける側(相手国側)が判断することとなります。

Q2.接種証明書はどの国、地域でどのような緩和措置が認められるのですか。

接種証明書を所持することによる具体的な緩和措置は、最終的には各国の判断によることとなりますが、一般論でいえば、入国時の隔離期間の短縮又は免除や出発前PCR検査陰性証明の提出および到着時のPCR検査の免除といった措置が考えられます。具体的に利用が可能となる対象国、地域及びその緩和措置については、外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。外務省ホームページ(外部サイト)や各国大使館などに問い合わせをするなど、ご自身でご確認ください。

Q3.海外渡航は確実ですが、パスポートを申請中で手元にまだない状態で、申請できますか。

証明書にはパスポート番号も記載する必要がございますので、パスポートの写しは必須書類となっています。パスポート取得後に申請ください。

Q4.パスポートの有効期限が近いので更新予定ですが、更新前のパスポートでも申請できますか。

パスポートを更新した場合にはパスポート番号が変わるため、更新後のパスポートを利用して申請してください。

Q5.川越市で接種後、他市に転出した場合は、どちらの市で証明書を発行するのでしょうか。

川越市になります。接種時に利用した接種券を発行した自治体で発行することになりますので、この場合は川越市になります。

Q6.転入により、1回目の接種、2回目の接種で異なる自治体で接種した場合はどちらに申請すればよいですか。

1回目の接種、2回目の接種時で住民票を置く自治体が異なった場合は、それぞれの自治体に申請する必要があります。

問い合わせ先

接種証明書全般に関する問い合わせ

問い合わせ先:厚生労働省 新型コロナウイルスワクチンコールセンター
電話番号:0120-761770(フリーダイヤル)
対応言語:日本語、英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語、タイ語、ベトナム語

申請した証明書が届かない等の個別の問い合わせ

問い合わせ先:川越市保健所 新型コロナウイルスワクチン接種対策室
電話番号:049-229-4127

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

新型コロナウイルスワクチン接種対策室 事業推進・体制確保担当
〒350-1104 川越市小ケ谷817番地
電話番号:049-229-4127(直通)
ファクス:049-225-2817

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

予防接種(新型コロナワクチン)

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る