このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. 健康・福祉
  3. 健康
  4. 予防接種(新型コロナワクチン)
  5. 新型コロナウイルスワクチン接種についてのお知らせ

本文ここから

新型コロナウイルスワクチン接種についてのお知らせ

最終更新日:2021年3月1日

接種を希望する市民の方へ、新型コロナウイルスワクチンを接種できるよう準備を進めています。詳細が決まり次第、市ホームページなどでお知らせします。
また、ワクチン接種に係る相談等に対応するため、川越市新型コロナワクチンコールセンターも開設しました。専用ダイヤルから問い合わせいただけます。

新型コロナワクチンに関する相談体制について

川越市新型コロナワクチンコールセンター

市民の方や医療機関からの接種手続き等に関する問い合わせに対応しています。
(電話番号)0120-385-015
(対応時間)毎日午前9時から午後5時まで

このほかに厚生労働省、埼玉県にもコールセンターが設置されています。各コールセンターの役割等については、下のコールセンター一覧図を参照ください。

新型コロナワクチンに関する相談体制の参考図。厚生労働省、電話番号0120-761-770毎日午前9時から午後9時まで、コロナワクチン施策の在り方等に関する問い合わせ対応。埼玉県、電話番号0570-033-226毎日24時間体制。医学的知見が必要となる専門的な相談など、市町村では対応困難な問い合わせへの対応。
コールセンター一覧図

接種時期について

医療従事者等への接種が、令和3年2月17日から開始されました。今後、高齢者、基礎疾患を有する方等の順に接種を進めていく見込みです。
なお、国は、次のとおり予定を示しています。
「高齢者への接種は、一部の市町村で4月12日に開始される見込みです。当初は実施する市町村や接種する人数が限られており、順次拡大していきます。」

新型コロナウイルスのワクチンについて

現在、国が確保を見込んでいるワクチンは、3種類です。
接種を受ける時期に供給されているワクチンを接種することとされており、複数のワクチンが供給されている場合も、1回目に接種したワクチンと同じ種類のワクチンを接種する必要があります。

ファイザー社が開発したワクチン【コミナティ】

2月14日、厚生労働省が正式に承認した国内で初めての新型コロナウイルスワクチンとなります。

  • 対象年齢

16歳以上

  • 接種回数

2回

  • 接種方法

3週間の間隔をおいて2回接種
(1回目の接種から3週間の間隔をおいて、できる限り速やかに2回目の接種を実施すること)

  • ワクチンの効果

2回目の接種から7日目以降におけるワクチンの有効性(発症予防効果)は約95パーセントと示されていますが、臨床試験は現在も、継続中です。今後さらに情報が分かりましたら、お知らせします。

  • 接種を受けることができない方

明らかに発熱している方

重い急性疾患にかかっている方

本ワクチンの成分に対し重度の過敏症の既往歴のある方

上記以外で、予防接種を受けることが不適当な状態にある方

  • 接種を受けるに際し、医師とよく相談しなくてはならない方

抗凝固療法を受けている方、血小板減少症または凝固障害のある方

過去に免疫不全の診断を受けた方、近親者に先天性免疫不全症の方がいる方

心臓、腎臓、肝臓、血液疾患や発育障害などの基礎疾患のある方

過去に予防接種を受けて、接種後2日以内に発熱や全身性の発疹などのアレルギーが疑われる症状がでた方

過去にけいれんを起こしたことがある方

本ワクチンの成分に対して、アレルギーが起こるおそれがある方

腎機能障害のある方

肝機能障害のある方

なお、妊娠または妊娠している可能性がある方は、医師にご相談ください。予防接種上の有益性が危険性を上回ると判断された場合のみ接種することになります。その他、授乳中の場合も接種を受ける前に医師にご相談ください。

  • ワクチン接種後に起こるかもしれない副反応

【重大な副反応】

ショック、アナフィラキシー

【その他の副反応】

接種部位の局所症状(疼痛、腫脹、発赤や紅斑)

頭痛、下痢、筋肉痛、疲労、悪寒、発熱など

コミナティに関して、詳しくは、ファイザー社ホームページ外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。「コミナティを接種される方とそのご家族へ」(外部サイト)をご覧ください。

アストラゼネカ社が開発したワクチン

現在、国において、審査中です。詳細が分かり次第、お知らせします。

モデルナ社及び武田薬品工業株式会社が開発したワクチン

今後、国において、審査が行われる見込みです。

接種対象者及び順位について

次のような順位でワクチン接種が行われる見込みです。

  1. 医療従事者の方等
  2. 高齢者の方(令和3年度中に65歳以上になる方)
  3. 基礎疾患がある方(高齢者の方以外)や高齢者施設等の従事者の方
  4. その他の方

接種費用について

接種費用は無料です。

接種場所について

市内医療機関での個別接種から開始する予定です。接種できる医療機関などの詳細が決まり次第、市のホームページなどでお知らせいたします。

接種を受けるための手続きについて

次のような方法で接種を受けることができる見込みです。(詳細が決まり次第、お知らせします)
原則、住民登録地での医療機関等で接種を受けることになります。

  1. 接種の時期より前に、市から接種券(クーポン券)等が郵送されます。
  2. ワクチンを受けることができる市内の医療機関などを確認してください。
  3. 電話やインターネットで予約してください。
  4. ワクチンを受ける際には、「接種券(クーポン券)」と「本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)」を必ずお持ちになってください。

接種を受ける際の同意について

新型コロナウイルスワクチン接種は、強制ではありません。
予防接種を受ける方には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意志で接種を受けていただきます。接種を受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。

接種を受けた後に副反応が起きた場合の予防接種健康被害救済制度について

予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。
新型コロナウイルスワクチン接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。

現在の救済制度の内容については、こちら、厚生労働省ホームページ外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。「予防接種健康被害救済制度」(外部サイト)をご参照ください。

新型コロナウイルスワクチンの情報は、下記の厚生労働省のホームページなどを参照してください。

詐欺にご注意ください

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種をめぐり、「予約金が必要」や「今申し込めば、先行して予防接種ができる」などと言い、お金を振り込ませようとする詐欺が発生しています。
こういった電話には応じないようご注意ください。心配な場合は警察などへ相談するようしてください。

関連情報について

お問い合わせ

新型コロナウイルスワクチン接種対策室 ワクチン接種担当
〒350-1104 川越市小ケ谷817番地1
電話番号:049-229-4127(直通)
ファクス:049-225-2817

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

予防接種(新型コロナワクチン)

  • 新型コロナウイルスワクチン接種についてのお知らせ

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る