このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. 健康・福祉
  3. 福祉・介護
  4. 介護保険
  5. 新たに高齢者施設に入所する方へPCR検査費用を助成します

本文ここから

新たに高齢者施設に入所する方へPCR検査費用を助成します

最終更新日:2020年12月25日

川越市では、高齢者施設内での集団感染(クラスター)発生の防止を図るため、新たに高齢者施設に入所をされる方が、ご本人の希望により、PCR検査及び抗原定量検査を受けた場合にその費用を助成します。

助成対象となる方

検査を受けた時点において市内に居住し、住民登録がある方で、65歳以上の高齢者又は基礎疾患(※)のある方で高齢者施設に新規入所をする方
※基礎疾患とは以下の因子をいう。

  • 慢性閉塞性肺疾患
  • 慢性腎臓病
  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 心血管疾患

対象施設

  • 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
  • 地域密着型介護老人福祉施設
  • 介護老人保健施設
  • 介護療養型医療施設
  • 介護医療院
  • (介護予防)認知症対応型共同生活介護事業所(グループホーム)
  • 養護老人ホーム
  • 軽費老人ホーム
  • 有料老人ホーム
  • サービス付き高齢者向け住宅

対象となる検査

PCR検査及び抗原定量検査で自費による検査(行政検査及び医療保険が適用される検査は対象外となります。)

助成金の額

助成金の額は、検査にかかった費用とする。ただし、1回の検査につき

  • PCR検査:20,000円
  • 抗原定量検査:7,500円

を限度とします。

※上限額を超えた検査費用は自己負担となります。
※助成金の交付は、対象者お1人につき、1回限りとします。
※対象となる検査は、令和3年(2021年)1月1日から令和3年(2021年)3月31日までに実施されたものが助成金の対象となります。

助成金の申請について

申請に必要な資料は以下のとおりです

  • 川越市高齢者施設新規入所者に対する新型コロナウイルス感染症検査助成交付申請書(ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。様式第1号(ワード:10KB)
  • 検査の費用に係る領収書(原本)
    (検査日、検査名、医療機関の名称、領収印、金額が記載されているもの)
  • 振込先の金融機関口座が確認できる書類の写し(通帳等)
    ※振込先口座を、検査を受けた方と異なる名義への振込を希望する場合は委任状が必要になります。

申請方法

  • 検査後、上記の必要書類をご用意のうえ、令和3年(2021年)3月31日(水曜)までに介護保険課に提出をお願いします。(郵送可・必着)

※令和3年3月31日に検査を受けた方であっても上記期日までにご提出いただく必要がありますのでご注意ください。
郵送先
〒350-8790
川越市元町一丁目三番地一
川越市役所介護保険課給付担当宛て

助成金交付までの流れ

支給が決定した方には、ご指定いただいた口座へお振込みを行います。なお、申請からお振込みまで1月程度かかります。

備考

  • 発熱等、新型コロナウイルス感染症を疑う症状がみられる方は、お電話でかかりつけ医にご相談ください。
  • 検査には、その性質上、実際には感染しているのに結果が陰性になること(偽陰性)や、感染していないのに結果が陽性になること(偽陽性)があります。
    そのため、偽陽性や、無症状病原体保有者の場合であっても、医師の判断により、入院や宿泊療養の適用になるなど生活が制約されることがあるなど、高齢者等が不利益を受けることが想定されます。
    また、偽陰性の可能性があることや、陰性であっても、検体採取日以降に感染(又はウイルス量が増加)している可能性もあり、手洗い等の基本的な感染症予防対策を怠らないことが重要です。

お問い合わせ

福祉部 介護保険課 給付担当
電話番号:049-224-6402(直通)
ファクス:049-224-5384

本文ここまで


以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る