このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. 健康・福祉
  3. 病気・医療
  4. 感染症
  5. 感染症情報
  6. 麻しん(はしか)について

本文ここから

麻しん(はしか)について

最終更新日:2019年5月8日

麻しん(はしか)とは?

麻しんウイルスを原因とする感染症で、せき・くしゃみに含まれるウイルスによって、空気・飛沫・接触感染を起こします。

症状

発熱、咳、鼻水といった風邪のような症状がでます。熱が一時下がる頃、コプリック斑(口の中の粘膜にできる1ミリメートルくらいの白い斑点)が出現します。一時下がった熱が再び高くなり、発疹が広がります。

潜伏期間

10日から12日です。

感染期間

症状出現前日から、解熱後3日まで感染力があります。発熱後、発疹が出るまでの時期が特に感染力が強いといわれています。

感染を防ぐには?

麻しんは感染力が強く、空気感染もするので、手洗い・マスクのみでは予防できません。予防接種が最も有効な予防法です。麻しんワクチンを接種していない方で、麻しん(はしか)にかかっていない方は、麻しんワクチンを接種しましょう。

麻しんを疑う症状が現れた方へ

  • 受診する前に、必ず保健所へ連絡してください。
  • 受診の際は、保健所の指示に従い、マスクを着用のうえ、医療機関で受付してください。
  • 移動の際には、周囲の方に感染させないよう公共交通機関等の利用を避けてください。

海外に旅行を予定されている方へ

旅行前の準備

  • 麻しんにかかったことや麻しん含有ワクチン(MRワクチンまたは麻しんワクチン)の予防接種歴を母子手帳などで確認しましょう。
  • 予防接種歴や麻しんにかかったかどうかが不明な方は、抗体検査の実施やワクチン接種の要否について、かかりつけ医にご相談ください。
  • 海外渡航の際は、渡航先の麻しん(はしか)の流行状況を確認しましょう。

リンク先

お問い合わせ

保健医療部 保健予防課 感染症担当(川越市保健所内)
〒350-1104 川越市小ケ谷817番地1
電話番号:049-227-5102(直通)
ファクス:049-227-5108

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る