このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. 健康・福祉
  3. 病気・医療
  4. 感染症
  5. 不安を抱える妊婦への分娩前ウイルス検査(新型コロナウイルス感染症)

本文ここから

不安を抱える妊婦への分娩前ウイルス検査(新型コロナウイルス感染症)

最終更新日:2020年8月28日

新型コロナウイルス感染症の流行が続く中で、妊婦の方は自身のみならず胎児や産まれてくる新生児への健康等について、強い不安を抱えている方も多くいます。
このため、妊婦の方が感染不安からウイルス検査を希望する場合、分娩前にPCR等のウイルス検査を行う費用を助成します。

対象期間

令和2年9月1日から令和3年3月31日までに行った検査が対象

対象者

次の全ての要件を満たしている妊婦

  • 川越市に住民登録がある方
    ※川越市外に住民登録がある方で、里帰り出産等の理由により、川越市において分娩前検査を行い、補助を受けることが適当であると認められた場合は、この限りではありません。
  • 分娩予定日まで概ね2週間以内の方
    ※早産リスク等があり、早急に検査を受ける必要があると医師が判断した場合は、この限りではありません。
  • 発熱等の新型コロナウイルス感染症を疑われる症状がない方
  • 検査実施機関が行う事前説明内容に同意した方
  • 分娩前ウイルス検査における検査費用の助成を受けたことがない方

検査を希望する場合

検査を希望する方は、かかりつけの産科医療機関に相談し、事前に検査について説明を受けてください。

助成費用

1人につき1回のみ、2万円を上限に市が検査費用を助成します。検査費用が上限額を超えた場合、超過部分については検査を受けた方の負担となります。
川越市と委託契約をしている医療機関で検査を受けた場合は、実費から2万円が差し引かれます。
(注意)検査費用全額が無料となるわけではありません。

委託契約以外の医療機関等で検査を受けた場合は、償還払いにより2万円を上限とした助成金の交付申請が出来ます。
詳しくは、「川越市妊婦分娩前ウイルス検査費用助成金申請」をご覧ください。

[参考]新型コロナウイルスに感染した妊産婦に対する寄り添い型支援事業について

新型コロナウイルスの感染が確認され、希望する妊産婦の方を対象に、助産師や保健師の専門職による相談支援を行います。
家庭訪問や電話等により不安や悩みを伺い、専門的なケアや育児に関する助言や支援を寄り添いながら行います。
詳しくは、担当までお問合せください。

関連情報

お問い合わせ

保健医療部 健康づくり支援課 健康づくり支援担当(川越市総合保健センター内)
〒350-1104 川越市小ケ谷817番地1
電話番号:049-229-4121(直通)
ファクス:049-225-1291

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

感染症

このページを見ている人はこんなページも見ています

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る