このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. 健康・福祉
  3. 病気・医療
  4. 感染症
  5. 新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ

本文ここから

新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ

最終更新日:2021年3月20日

3月20日の市長メッセージ

緊急事態宣言が3月21日で解除されます。

市民・事業者の皆様には、約2ヶ月半の間、感染防止対策に御協力いただき、心より感謝申し上げます。
また、感染拡大により厳しい状況の中、御尽力いただいております医療関係の皆様に、深く感謝申し上げます。

本市では、1月には1日に30人を超える新規陽性者が確認される日もございましたが、最近では、概ね1桁台にまで減少いたしました。
しかしながら、最近では、新規陽性者数が再び増加する傾向が見られ、リバウンドが懸念されております。また、感染力が従来より強い可能性がある変異株の広がりにも警戒する必要があります。

市民の皆様には、引き続き、3密の回避、マスクの着用、手洗いなどの基本的な感染対策の徹底をお願いいたします。なお、変異株におきましても、基本的な感染対策はこれまでと同様に有効です。是非、御協力をお願いいたします。
また、不要不急の外出は控えていただき、外出する場合は人混みの少ない場所と時間を選んでください。
歓送迎会、花見の宴会などは控えて下さい。
会食は、できるだけ家族か、4人までとし、会話の時はマスクを着用してください。

ワクチン接種に関しては、高齢者向けのワクチンが4月19日の週から供給されることになりました。4月中に届くワクチンの量は、極めて少ないことから、対象者を限定させていただく予定ですが、5月には供給量が増えていく見込みですので、広く高齢者の皆様を対象に接種を実施してまいりたいと考えております。詳しくはホームページ、広報や郵便でご案内いたします。

感染の再拡大を防ぐには、これからが重要な時期となってまいります。市民の皆様が意識を持って行動していくことで、感染の再拡大は防ぐことができます。
引き続き、皆様のご理解、ご協力をお願いいたします。

 川越市長 川合 善明

関連情報

3月6日の市長メッセージ

市民・事業者の皆様には、新型コロナウイルス感染防止対策に御協力いただき、心より感謝申し上げます。
また、医療関係の皆様におかれましては、厳しい状況が続くなか、市民の生命、健康のため、ご尽力いただき、衷心より感謝申し上げます。

皆様の御協力によりまして、川越市では、2月下旬以降、新規陽性者が、一桁となる日が続いており、減少傾向がみられます。
しかしながら、1都3県における新規感染者数の減少スピードが鈍化していることや病床使用率が高いなど医療機関が依然として厳しい状況であることから、緊急事態宣言が3月21日(日曜)まで延長となりました。
感染の再拡大を防ぐため、引き続き気を緩めることなく感染防止策に取り組んでいただきますようお願いいたします。
これからは、卒業旅行や花見、歓送迎会など、集会や飲食の機会、人の移動が多くなる時期ですが、これを控えていただき、緊急事態宣言が3月21日には、確実に解除されるよう、市民の皆様、事業者の皆様におかれましては、引き続き、感染対策の徹底に御協力いただきますよう改めて心よりお願い申し上げます。

川越市では、新型コロナウイルスワクチンの接種に関しまして、3月1日に、新型コロナワクチンコールセンターを設置いたしました。
引き続き、国や県と連携しながら、接種に向けた準備をすすめてまいります。
なお、ワクチンに関することや接種の開始時期など詳しい内容につきましては、随時、市広報ホームページなどで、市民の皆様にお知らせをしてまいりますのでご覧ください。

また、子育て支援センター及びつどいの広場につきまして、感染対策をしっかりと講じた上で、3月8日(月曜)から、順次再開することといたしました。予約制による人数の制限などを行いますので、詳しくは、市ホームぺージをご覧ください。

 川越市長 川合 善明

関連情報

  • 川越市新型コロナワクチンコールセンター
    市民の方や医療機関からの接種手続き等に関する問い合わせに対応しています。
    電話番号:0120-385-015
    対応時間:毎日午前9時から午後5時まで
  • 厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター
    新型コロナウイルスワクチン施策の在り方等に関しての問い合わせに対応しています。
    電話番号:0120-761-770
    受付時間:毎日午前9時から午後9時まで

2月5日の市長メッセージ

2月2日に埼玉県を含む10の都府県に対する緊急事態宣言が3月7日まで延長されました。

市民の皆さまや事業者の皆さま方のご協力によりまして、川越市では、1月下旬から新規陽性者数が一桁となる日があるなど、約1か月の間に減少傾向が表れ始めております。

しかしながら、病床使用率などは、依然として高い水準にありまして、医療関係の皆さま方におかれましては、大変厳しい状況が続いております。
最前線で市民の生命、健康を守るため、ご尽力をいただいている医療関係者の皆さま方には、改めて心から感謝を申し上げる次第でございます。

市といたしましても、市内医療機関に対しまして入院病床の確保に向けた要請を実施しているところでございます。

市民の皆さまにおかれましては、引き続き、不要不急の外出自粛や営業時間の短縮にご協力をお願いいたします。

本市では、感染拡大を防ぐ取り組みといたしまして、高齢者入所施設や、障害者入所施設で働く職員の方に対するPCR検査を実施いたします。

また、皆さまの関心の高いワクチン接種につきましては、速やかに実施できるよう、1月中旬に新型コロナウイルスワクチン接種対策室を設置いたしまして、現在、接種事業を進めるための準備を全力で進めているところでございます。
進捗状況等につきましては、随時、市のホームぺージなどでお知らせをいたします。

これからの1か月間で新型コロナウイルス感染症の感染拡大を抑え、1日も早く緊急事態宣言を解除できますよう、市民の皆さま、事業者の皆さま方にはご負担をおかけいたしますが、引き続き、感染対策の徹底にご理解とご協力をくださいますよう、心からお願いを申し上げます。

 川越市長 川合 善明

関連情報

原則として、令和3年2月8日(月曜)午前0時から3月7日(日曜)午後12時までの全ての期間、埼玉県による営業時間短縮の要請に全面的にご協力いただいた 飲食店(カラオケ店、バー等を含む。)を運営する事業者の皆さまに対し、感染防止対策協力金が支給されます。

1月8日の市長メッセージ

皆さま、すでにご承知のことと思いますが、昨日、1月7日に1都3県を対象としていたしまして、緊急事態宣言が発出されました。
川越市においても、12月以降、急速な感染拡大が続いておりまして、大変憂慮すべき状況となっております。

川越市では、緊急事態宣言に先立ち、1月8日から、市の施設につきまして、午後7時以降の休止を決定いたしました。
また、1月10日に開催を予定しておりました成人式につきましても、誠に残念ではございますが、延期したところでございます。

この度の緊急事態宣言を受け、本日から、川越駅などにおきまして、埼玉県と連携し、市民の皆さまに、直接外出自粛を呼びかけさせていただきます。
市民の皆さま方には、午後8時以降の不要不急の外出を控えていただき、ご自宅でお過ごしいただきたいというふうにお願いいたします。
ご自宅に高齢者や基礎疾患のあるご家族がいる場合や、体調が悪いときなどは、ご自宅でもマスクをしていただきまして、家庭内での感染防止を徹底していただくようお願いいたします。

また、事業者の皆さま方におかれましては、1月12日から、全ての飲食店を対象に、午後8時までの営業時間短縮をお願いいたします。
大変心苦しいところではございますが、ぜひ、ご理解とご協力をお願いいたします。

これまで、厳しい状況の中、市民の生命と健康を守るため、最前線で全力を尽くしていただいている、医療関係者の皆さま方へ、改めて、感謝を申し上げますとともに、引き続きのご協力をよろしくお願い申し上げます。

これからの約1か月間で感染拡大を食い止めるために、市民の皆さま、事業者の皆さま方のご協力が大変重要でございます。
皆さま方には、ご不便やご苦労をおかけいたしますが、ご理解とご協力をくださいますよう、心からお願いを申し上げます。

 川越市長 川合 善明

関連情報

埼玉県による営業時間短縮の要請(1月12日(火曜)から2月7日(日曜))に御協力いただいた飲食店(カラオケ店、バー等を含む。)を運営する事業者の皆様に対し、感染防止対策協力金が支給されます。

12月28日の市長メッセージ


年末年始に向けまして市民の皆さま方にお願いでございます。

川越市では、12月以降、急速な感染拡大が続いております。
11月の1日あたりの新規陽性者数は平均約4.8人でございましたが、12月は24日現在で約2.4倍の11.5人となっておりまして、市内においてクラスターも3件発生しており、医療機関への負担も大きくなっている、そういう状況でございます。

川越市では、川越市医師会にご協力をいただき、年末年始においても、新型コロナウイルス感染症の診療・検査が受けられる体制を確保しております。
もし発熱等の症状が出た場合は、「埼玉県受診・相談センター」または「県民サポートセンター」において、受診できる医療機関が案内されますので、早めにお問い合わせをいただくようお願い申し上げます。

今年中に皆さま方のお手元に、この広報の新年号が届くかと思います。
この広報の新年号の中には、新型コロナウイルス対策というそういう特集の号外のようなものが入っております。
これでございます。
ここには、受診先の確認・受診を迷う場合ということで電話番号等が書いてございますので、年末年始、万一、新型コロナウイルスにかかった、あるいは、似たような症状が出たような場合には、ここに書いてある電話番号の方に相談をしていただきたいというふうに思います。

また、川越市では、感染拡大を抑えるために12月28日から1月17日まで屋内の市有施設を原則休館とすることといたしました。
ただ、既に施設利用の予約が行われている場合は除かれます。
施設を利用する際には、感染対策の徹底をお願いしたいと思います。

さらに、今般のコロナ禍(か)において生活に困られている方に対しまして、12月30日と1月2日、臨時で相談窓口を開設することといたしました。

年末年始は飲食や外出の機会がどうしても多くなりがちでございます。
さらに感染が広がることに対しまして強い危機感を抱いております。
埼玉県からも様々な協力要請が出されているところではございますが、私からも市民の皆さまにさらに以下のようなことをお願いいたします。

  • 高齢者や基礎疾患のある方は、不要不急の外出を控えてください。
  • 体調が悪い方や、ご自宅に高齢者や基礎疾患のある方がいる場合は、家の中でもマスクを着用するようにしてください。
  • 帰省は時期をずらすなど、年末年始は自宅で過ごしていただきたいと思います。
  • 初詣は少人数で人混みを避けてください。
  • 会食・飲み会はできる限り自粛していただき、行う場合でも人数は4人以下とし、また、東京都との往来はできるだけ控えていただきたいと思います。
  • お店を利用する際には、入店時のマスク着用、入り口でのアルコール消毒、混雑時を避け、少人数で行動するなど各店舗で行う感染対策に、ぜひご協力をいただきたいと思います。

この年末年始は、例年と同じではございません。
感染拡大を防ぐには、この年末年始をどうやって私たちが過ごすかにかかっているところでございます。
市民の皆さまには、感染しない、させない行動を心掛けていただきまして、ご自宅で静かな年末年始を過ごしていただきたいというふうにお願い申し上げます。

 川越市長 川合 善明

関連情報

12月15日の市長メッセージ


年末年始に向けまして、市民の皆さま方へのお願いでございます。

12月に入り、川越市では、2件のクラスターが発生するなど、感染が急速に拡大しております。
このような困難な状況の中で川越市民の生命、健康のためにご尽力をいただいております医療関係者の皆さま方に心から感謝を申し上げる次第でございます。

感染拡大に歯止めをかけるためにも、この年末年始における私たちの行動は、極めて重要となります。
市民の皆様におかれましては、年末年始に向けまして、これまで以上に基本的な感染対策を徹底してくださるようお願いいたします。

今、市内では、学校など身近なところでの感染が確認されておりまして、お子様をお持ちの方など、ご不安になられている方もいらっしゃるかと思います。
川越市では、陽性になった方に対しまして、受けられるサービスなど、必要な情報をご案内させていただいておりますので、発熱等の症状がある場合は、ためらうことなく、早めの受診をお願いいたします。

また、市内で感染が拡大していることや新型コロナウイルス感染症の影響が続くことで不安になられ、心の不調が続く方もいらっしゃるかと思いますが、お一人で悩まずに、早めに保健所の「こころの相談窓口」にご相談をくださるようお願いいたします。

そして、大切なお願いがございます。
本市では、感染者を早期に発見するため、濃厚接触者に限らず、検査対象を拡大しておりますが、検査を受けた人や、その家族を遠ざけたり、根拠もなく周りの人の感染を疑うなど、偏見、差別、いじめにつながる行為は絶対にあってはなりません。
また、偏見や差別を恐れて医療機関への受診をためらうと、感染拡大の恐れもございます。

お正月を落ち着いた雰囲気で迎えられますよう、皆さま方のご協力を心からお願い申し上げます。

 川越市長 川合 善明

関連情報

12月4日の市長メッセージ

昨日、川越市在住の11人の新規感染者が報告されました。
今週は、市内でクラスターの発生もありました。
新型コロナウイルスの感染が市内でも急速に拡大しています。

これから年末年始にかけて、感染予防の基本を再度徹底して下さい。

  • 密接・密集・密閉を避ける
  • マスクを着用する
  • 手洗い消毒をこまめに行う
  • 人混みを避ける
  • 発熱等の症状がある場合は、直ちに医療機関に相談する

をお願いします。

会合は電話や書面で代えることの出来るものは、極力その方法に変えて下さり、人が集まる機会を減らして下さい。
お願い申し上げます。

 川越市長 川合 善明

関連情報

発熱等の症状があり、医療機関をお探しの方はこちらのページからご確認下さい。

11月20日の市長メッセージ


11月18日に、新たに22名の川越市民の方が感染した旨公表いたしました。
これまで、川越市では、多くても7人程度で推移していましたが、急に大きな増加を示し始めています。
また、東京都や埼玉県内でも過去最高値を記録するなど、感染が急速に拡大しており、非常に注意を要する状況となっています。

11月21日から3連休となり、お出かけを予定されている方もいらっしゃると思います。また、これから年末にかけて、飲酒や会食の機会も多くなり、しっかりとした感染防止策を行わないと、さらなる感染拡大が心配されます。
社会経済活動を止めるような事態にしないため、今は、一人ひとりが徹底した感染防止策に取り組まなければならない大切な時期となっています。

そこで、あらためて市民の皆様に、強くお願いをさせていただきます。
マスクの着用、三つの密(密閉、密集、密接)の回避、こまめな手洗いといった、基本的な感染対策に取り組んでいただくようお願いします。
また、国では、『感染リスクが高まる「5つの場面」』が示され、いずれもマスクを外す場面において特に注意が必要と言われています。
具体的には、

1つ目に、飲酒を伴う懇親会等では、大声での会話、箸やコップの共用を避けてください。
2つ目に、大人数や長時間におよぶ飲食を避けてください。はしご酒は避けてください。席は斜め向かいとし、正面や真横を避けてください。
3つ目に、マスクなしでの会話を避けてください。
4つ目に、狭い空間での共同生活では、十分な換気、マスクの着用、共用部分の消毒を徹底してください。
5つ目に、休憩室、喫煙所、更衣室など、居場所が切り替わる場面では、マスクの着用や三つの密を避けるように特に注意してください。

さらに、家庭での感染も多く確認されております。各ご家庭におきましても、「5つの場面」等に注意しながら、日頃の感染対策に取り組んでいただきますようお願いします。

一人ひとりが、感染しない、感染させないための行動をとっていただくことが、感染の拡大を防ぎ、ご家族や大切な方を守るために最も重要な対策です。
皆様のご協力をよろしくお願いします。

川越市長 川合 善明

関連情報

9月29日の市長メッセージ

行楽シーズンのお願い

10月1日から東京発着の旅行に「GoToトラベル」が適用されることになりました。
季節的に行楽シーズンになったという事もあり、今後川越市を訪れてくださる観光客が増加すると思われます。

事業者の皆さま

ガイドラインの遵守と感染防止対策の更なる徹底をお願いします!

市民の皆さま

感染防止対策が行われている施設、店舗を利用しましょう。
観光客を温かく迎えましょう。
手洗い、会話時のマスク、三密を避ける
を引き続きお願いします!

川越市長 川合 善明

高齢者等へのインフルエンザ予防接種の無料化について

毎年11月頃から季節性インフルエンザの流行が始まりますが、今年は、季節性インフルエンザと新型コロナウイルスの同時流行が懸念されております。
埼玉県は高齢者等へのインフルエンザ予防接種の自己負担分についての金額補助を決めました。

川越市では、本日、補正予算を編成し、重症化リスクの高い65歳以上の高齢者等の方については、インフルエンザ予防接種を自己負担なく無料で受けられるようにいたしました。
県による自己負担分の無料化は本年12月31日までですが、本市は独自に来年1月31日まで無料で受けられることとしました。
また、今年は、新型コロナウイルス感染症対策の一環として、接種期間を前倒しして、10月1日から接種を受けられます。
詳しくは川越市ホームページ等でご確認ください。

対象となる高齢者等の皆様におかれましては、お早めに接種していただき、流行に備えていただくようお願いします。また、高齢者等が周りにいらっしゃれば、是非早めの接種をお勧めいただきたいと思います。
引き続き、市民の皆様には、感染拡大防止へのご協力をよろしくお願いします。

川越市長 川合 善明

関連情報

高齢者インフルエンザ予防接種(定期接種)のお知らせ(川越市ホームページ)

9月1日の市長メッセージ


新型コロナウイルスに関する重ねてのお願いであります。

現在、川越市では感染が増加、広がっております。
川越市民の感染者数は、今年3月から5月初旬までの約2か月間に44人でした。
ところが今年、6月中旬から8月末までの2か月半の間に100人以上の方が、新規に感染されております。
緊急事態宣言が発出されていた当時に比べますと倍のペースで感染者が増えているという状況でございます。
現在は、若い人の感染者が多い関係で症状が無い、あるいは重くならないということもございまして、病床が逼迫(ひっぱく)している状況ではございませんが、このまま感染者が増えていけば、高齢者の方、あるいは基礎疾患のあるすなわち重篤になりやすい方に感染がさらに広がっていく可能性が大きいと思います。

そこで、重ねて皆さま方にお願いをいたします。

  • 感染防止対策を行っている店を利用してください。
  • 国および県の接触確認アプリを活用してください。
  • 三つの密「密閉、密集、密接」を避ける、をお願いいたします。
  • こまめに手洗いをしていただきたいと思います。
  • 人が集まる所ではマスクをしてください。

なお、マスクに関しましては、屋外の人が密集していないところでは、熱中症を防止するためにマスクを外された方がよろしいかと思います。

新型コロナウイルスに対する感染のリスクは誰にでもございます。感染された方、あるいは医療従事者の方、関係者の方に対する非難や差別は決してあってはならないことであります。

今、皆さま方にお願いしていることは、今、必要なことは、感染拡大防止のいろいろな行動をしながら、経済を平常に戻していくということでございます。
これは一見、矛盾しておりますけれども、やらなければならない基本は、ただ一つでございます。
感染拡大防止、それぞれの方が、自分が感染しないように感染拡大防止の行動をしながら日常の生活を送っていく、これが一番の基本でございます。
市民の皆さま方に心から重ねてお願いを申し上げます。

川越市長 川合 善明

8月7日の市長メッセージ

これからお盆の時期を迎えるに当たりまして、市民の皆さまにお願いをさせていただきます。

川越市では、新型コロナウイルス感染症の新規感染者数が、7月以降、約1か月間で50人を超え、増加傾向が続いております。30歳代以下の若い方の感染者が増えておりまして、若い方から高齢者など重症化しやすい方や、家庭内での感染が、今後、急速に広がる恐れがございます。
大変憂慮すべき状況であります。

そこで、市民の皆さまにお願いをいたします。
これからお盆休み等を利用し、旅行など、お出かけの予定をされている方もいらっしゃるかと思いますが、感染症対策が十分にとられていない場所の利用や、屋内での大人数での会食あるいは飲み会などは避けてください。
帰省に当たっては、高齢者など感染リスクの高い方に感染が広がらないよう、感染症対策を徹底してください。発熱などの症状がある方は帰省を控えていただき、感染症対策が徹底できない場合には、電話やオンライン帰省にするなど、慎重にご検討いただきたいと思います。

今は学校も夏休みとなり、家族でお過ごしになる時間も多くなることと思います。家庭内感染が起きないよう、部屋の換気を十分に行い、対面での会話の際は、マスクを着用するか距離をとるなど、基本的な感染症対策をしっかりと行ってくださるようお願いいたします。

最後に強くお願いをさせていただきます。
感染症は誰にでも感染するリスクがございます。誤解や偏見に基づく差別や、誹謗(ひぼう)中傷を行うことは、決して許されません。感染した人やその家族、医療関係者の皆さんなどに対する、誹謗(ひぼう)や中傷、いじめ、あるいはインターネット上での根拠のない差別的な書き込みなどは絶対にしないでください。

一人ひとりが感染しない、感染させないという行動をとることが、ご家族や大切な方を守り、感染拡大を止める最良の方法でございます。
市民の皆さま方のご協力をどうぞよろしくお願い申し上げます。

川越市長 川合 善明

7月8日の市長メッセージ

市長から市民の皆さまへの新たなお願いです。

川越市では、5月1日からしばらくの間、新規感染者ゼロが続いてまいりましたが、6月中旬から7月7日までの間に12人の新規陽性者が確認されました。
東京都では6日間連続して100人を超える新規陽性者が確認され、県内では直近1週間の新規陽性者が100人を超える増加傾向にございます。
現在は、第2波の感染拡大の入り口である可能性が否定できません。

そこで、改めて私から皆さまにお願いをいたします。
まず、「3つの密(密閉、密集、密接)を避ける」「人が集まる場所でのマスクの着用」「手洗い・消毒の励行」など、感染拡大を予防するための「新しい生活様式」の実践をお願いいたします。
夜の繁華街での、若い人への感染が多発しております。そこで、夜の繁華街への外出は極力避けてください。接待を伴う店の利用や、大勢での会食は極力避けていただきたいと思います。
感染予防を徹底した店を選んで、また、ご自身も感染予防策を徹底してください。

なお、厚生労働省が勧めている、新型コロナウイルス感染者と接触した可能性を知らせるスマートフォンアプリ、略称をCOCOA(ココア)といいますが、これをインストールして活用してください。詳しくは、厚生労働省のホームページをご覧ください。市のホームページからもリンクを繋いでおります。
川越市も、今度とも経済活動を維持しつつ感染防止を図るための取り組みをしっかりと行ってまいります。

市民の皆さまには、くれぐれも熱中症にお気を付けいただきながら、今後も感染防止にご留意くださるようお願いいたします。

川越市長 川合 善明

関連情報

5月27日の市長メッセージ

緊急事態宣言が、25日に解除されました。

川越市保健所管内では、5月に入ってから26日まで、新規感染者ゼロが続いています。大変なご労苦の中、長期にわたり外出自粛をはじめ感染拡大防止の取組みを確実に実行していただきました市民の皆さま、事業者の皆さまのご協力のおかげでございます。ご協力に対しまして心より感謝を申し上げます。
また、感染のリスクの中、患者の皆さんのためにご尽力をいただきました医療関係の皆さま方に対しまして、心より敬意を表す次第でございます。

緊急事態宣言は解除されましたが、一度に全てを元通りにしますと、再び感染拡大が生じる恐れがございます。
市の施設等につきましては、多くは6月以降、段階的に使用を再開する予定でございますが、いましばらく使用停止を維持する施設もございます。再開に当たりましては、しっかりと感染防止を取り組んでまいりますので、市民の皆さま方におかれましては、ご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。
学校につきましても、6月1日から感染防止のための工夫をしながら、一定時間をかけて平常に戻していく予定でございます。

市民・事業者の皆さま方におかれましては、引き続き感染防止のための工夫や行動をしながら日常生活に戻していくための「新しい生活様式」を実行していただかなければなりません。
感染拡大につきましては一定の目処が立ちましたが、改めて気を引き締めて、皆で協力をし合いながら、今まで経験したことのないこの事態を乗り越えてまいりましょう。

川越市長 川合 善明

関連情報

5月26日の市長メッセージ

埼玉県他に継続されていた緊急事態宣言が、25日解除されました。

川越市保健所衛生検査課の検査では、5月に入ってから昨日25日まで、新型コロナウイルスの新規感染者がゼロの日が継続しています。大変なご労苦のなか長期にわたり外出自粛をはじめ感染拡大防止の取組みを確実に実行していただいた市民の皆さま、事業者の皆様のご協力に対して、心より感謝申し上げます。

緊急事態宣言は解除されましたが、一度にすべてを元通りにすると、第二波の感染拡大が生じる可能性があります。引き続き市民・事業者の皆さまにおかれましては、感染拡大防止のための行動をとりながらの日常生活、「新しい生活様式」を実行していただかなければなりません。

改めて気を引き締め、市民・事業者・行政が一体となり協力し合いながら、誰も今まで経験したことのないこの困難を乗り越えて行きましょう。

川越市長 川合 善明

5月22日の市長メッセージ

緊急事態宣言が5月31日まで出されており、近畿3府県は解除が決定されましたが、埼玉県を含め首都圏1都3県と北海道については、解除が見送られました。

川越市保健所衛生検査課の検査では、5月に入ってからは新規感染者がゼロの日が22日間継続しており、明るい兆候はありますが、東京都、神奈川及び千葉両県とともに、埼玉県においても、まだまだこれまでと同じ警戒・取り組みが必要です。
川越市におきましても、引き続き、密集、密閉、密接の3つの密を避ける行動をはじめとする感染拡大防止の取り組みをお願い致します。

新型コロナウイルスとの戦いはまだまだ続きます。気を引き締め、誰も経験したことのないこの困難を乗り越えましょう。

川越市長 川合 善明

5月15日の市長メッセージ

5月14日、政府は緊急事態宣言を、39県について解除しましたが、埼玉県は解除されておりません。引き続き、緊急事態としての変わらぬ対応が求められています。

市民の皆様が真摯に感染予防に取り組んでいただいた結果、川越市保健所管内では、5月1日からこれまでの2週間、PCR検査を保健所以外の民間検査機関や医療機関で実施した分を含め163人分について実施しましたが、陽性者はゼロであり、市民の皆様のご理解、ご協力に心から感謝申し上げます。
国からは、埼玉県についても、可能であれば期限の5月31日を待たずに、緊急事態宣言を解除するとの考えが示されておりますが、現時点では、緊急事態宣言は解除されていないことを十分認識してください。

新聞やテレビ等が繰り返し報じているように、感染防止の取り組みが緩めば、再度、感染が拡大する恐れがあります。
市民の皆様には、引き続き感染拡大防止の行動を、重ねてお願いします。

川越市長 川合 善明

5月11日の市長メッセージ

市民の皆さま、既にご承知のように、緊急事態宣言が5月31日まで延長されることになりました。あとしばらくの間、外出自粛をしっかり継続してくださるよう、引き続きよろしくお願いいたします。

これまでの間、感染の恐れのある中、市民の健康・安全維持のために献身的なご尽力をいただいている医療関係者の皆さま方、そして市民生活の維持に欠かせない業務にご尽力いただいている皆さま方に対しまして深甚なる感謝を申し上げます。
5月に入りましてからは、市内の新規感染者は減少となっております。川越市保健所管内では、5月に入ってから新規感染者は、(川越市)保健所の検査の結果では0の日が続いています。
これは、皆さま方が真摯(しんし)に感染予防に取り組んでくださった結果でございます。

しかしながら、まだまだ気を緩めるわけにはまいりません。再度の感染拡大を防ぐためにも、市民の皆さま方には、引き続き、これまでと同様の感染防止の取り組みである、

  • 不要不急の外出を控える
  • 3つの密を避ける
  • 手洗い、マスクの着用
  • 会話はできるだけ離れて

ということを重ねて強くお願いいたします。
また、事業者の皆さま方にも、引き続き感染拡大防止のために最大限のご尽力をいただきますよう、心からお願い申し上げる次第でございます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

川越市長 川合 善明

5月5日の市長メッセージ

市民の皆様には、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、緊急事態宣言に基づく外出自粛や営業自粛などの感染対策にご協力をいただき、感謝申し上げます。
そして、一人でも多くの命を守るため、最前線で全力を尽くしてくださっている医療関係の皆様を始め、社会を支える職業に従事しているすべての皆様に、改めて感謝申し上げます。

昨日、国において、感染者の減少が不十分であるなどの理由から、5月6日までとしていた緊急事態宣言を5月31日まで延長することが決定されるとともに、埼玉県に対する特定警戒都道府県の指定が継続されました。
これを受け、埼玉県からは緊急事態措置として、引き続き、県内全域において、外出自粛や営業自粛などが要請されました。

市民の皆様には、ご不自由をおかけしますが、引き続き、8割の接触削減に向けて、

  • 3つの密(密集、密閉、密接)を避ける行動
  • 手洗い・消毒・咳エチケットなどの基本的な感染対策
  • 不要不急の外出を控える

などの感染拡大防止策に取り組んでいただきますようお願いします。
人との間隔をできるだけ2メートル空けることや、会話をする際は真正面を避けるなど、「新しい生活様式」を心がけていただきますようお願いします。
また、新型コロナウイルス感染症の拡大に乗じて、マスクの販売や特別定額給付金を装った詐欺も発生していますので、ご注意ください。

これからの1ヶ月間は、緊急事態の収束のための大切な期間となります。
私たち一人一人の行動を変えることが、感染拡大を防ぐ最も重要な対策です。そして、私たちの行動が、家族や大切な方を守ることにつながります。
市民、事業者の皆様には、さらなるご不便とご苦労をおかけすることになりますが、引き続き、ご理解とご協力をよろしくお願いします。

川越市長 川合 善明

4月24日の市長メッセージ

新型コロナウイルスの感染拡大防止に、全市を挙げて取り組んでいただいていることに感謝申し上げます。
緊急事態宣言が出され、法に基づく取り組みがすでに2週間以上続いていますが、感染者は確実に増加しています。川越市保健所で確認した累計感染者数は、4月24日現在35名になります。
市民の皆様には、明日からの連休中、気を緩めることなく、引き続き感染防止のため

  • 3つの密(密閉空間、密集状態、密接対話)を避ける
  • 手洗い、消毒の励行
  • 不要不急の外出をしない

を実行してくださるよう、改めて強くお願いいたします。

なお、ストレスの蓄積は免疫力を低下させると言われています。ジョギング、ウオーキングなど多人数が一緒にならない運動は、必要な外出です。健康維持のためにも推奨いたします。

川越市長 川合 善明

4月13日の市長メッセージ



市民の皆さん、これから申し上げることは、川越市からの強いお願いです。

先週、国は、埼玉県を含む7都府県に緊急事態宣言を出しました。
新型コロナウイルスの感染者は、ここ数日で急速に増えています。市内の感染者も増えています。
この感染を収束させるためには、次のことがぜひとも必要です。

  • 皆さん一人一人が、人との接触を8割減らしてください。
  • 不要不急の外出を、極力控えてください。
  • 密閉空間、密集場所、密接場面の3つの密を避けてください。
  • 手洗いや消毒、マスクの着用、咳(せき)エチケットを習慣化してください。

繰り返します。

  • 皆さん一人一人が、人との接触を8割減らしてください。
  • 不要不急の外出を、極力控えてください。
  • 密閉空間、密集場所、密接場面の3つの密を避けてください。
  • 手洗いや消毒、マスクの着用、咳(せき)エチケットを習慣化してください。

川越市からの強いお願いです。必ず実行してください。心からお願い申し上げます。

川越市長 川合 善明

4月7日の市長メッセージ

4月7日、新型コロナウイルス感染拡大の実態に対して、国において緊急事態宣言が出されました。川越市でも、本日現在、12人の方の感染が確認されており、本市では、市立小・中学校、特別支援学校の入学式、始業式を急遽中止といたしました。(但し、情報が伝わらず、登校した生徒には、新しい担任が対応します。)

この緊急事態宣言後、国や埼玉県から新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための要請がなされますが、市としましても、国や県の要請に合わせ、国や県と連携して、市民の皆様へさまざまな要請をしていくこととなります。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、市民の皆様におかれましては、ご不便をおかけしますが、ご協力をお願いいたします。

また、引き続き、手洗い、咳エチケットを徹底するとともに、感染の危険性の高い「3つの条件が同時に重なる場」※には行かないなどの行動をお願いいたします。
緊急事態宣言が出されましても、生活必需品の買い物、散歩などを制限しているものではありません。市民の皆様の冷静な対応をお願いいたします。

皆様お一人お一人がご自分を守ることが家族や大切な人を守ることにつながり、ひいては社会全体を守ることにつながります。
皆様のご協力をお願いいたします。

川越市長 川合 善明

  • ※「3つの条件が同時に重なる場」
  1. 換気の悪い密閉空間(密閉)
  2. 人が密集している(密集)
  3. 近距離(互いに手を伸ばしたら届く距離)での会話や発声が行われる(密接)

3月27日の市長メッセージ

新型コロナウイルスの勢いが止まりません。
前回メッセージでお願いした

  1. 外出から帰ったら、石鹸で手洗いする。
  2. 咳エチケットを徹底する。
  3. 閉ざされた空間(部屋)に、多数の人が滞在する場所は極力避ける。
  4. 人と面談するときは、お互いマスクを着用するか出来るだけ離れた状態で話す。

の4点を引き続き励行して、感染の危険性の高い「3つの条件が同時に重なる場」※に行かないようお願いします。

現在、感染者は拡大の傾向にあります。
昨日、埼玉県知事を含む一都四県の知事からは、人混みへの不要不急の外出を自粛するようにとの要請が出されました。
新型コロナウイルスの勢いを止めるのか、止められないのか、今はまさにその瀬戸際に近づいていると言われております。

市民お一人お一人が感染予防に努め、自らの身を守ることは、感染拡大を防ぐ最も有効で重要な取り組みであり、社会全体を守ることにもつながります。
市民の皆様におかれましては、どうか今週末から当分の間、人混みへの不要不急の外出を自粛してください。
手洗いの励行や「3つの条件が同時に重なる場」を避けてください。

市民の皆様のご協力をお願いいたします。

川越市長 川合 善明

  • ※「3つの条件が同時に重なる場」
  1. 換気の悪い密閉空間(密閉)
  2. 人が密集している(密集)
  3. 近距離(互いに手を伸ばしたら届く距離)での会話や発声が行われる(密接)
  • 関連リンク

3月12日の市長メッセージ

3月10日、市内在住の3人(同居家族)の方が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。この方たちと濃厚接触した人の数、所在等も特定して、すでに感染拡大防止のための健康観察を行っております。

新型コロナウイルスについては、今までも広報川越などでお知らせしてまいりましたが、改めて私からお願いがございます。
市民の皆様におかれましては、感染拡大防止のため、引き続き以下の予防行動を励行してくださるようご協力をお願いいたします。

  1. 外出から帰ったら、石鹸で手洗いする。
  2. 咳エチケットを徹底する。
  3. 閉ざされた空間(部屋)に、多数の人が滞在する場所は極力避ける。
  4. 人と面談するときは、お互いマスクを着用するか出来るだけ離れた状態で話す。

発熱などの風邪の症状が見られるときは、まず、外出を控えて休んでください。厚生労働省では、風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続いている、もしくは強いだるさや息苦しさがある場合(高齢者、糖尿病・心不全・呼吸器疾患等の基礎疾患がある方、人工透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を服用している方は重症化しやすいので、この症状が2日程度続く場合。妊娠中の方も早めに)は相談するように勧めています。これに該当する場合は川越市帰国者・接触者相談センター(電話227-5107)に必ずご相談ください。
今後も市内での感染を広げないために、適切な事態への対処に努めてまいります。

なお、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、本市施設等の臨時休止等を行っております。詳細につきましては「市施設の臨時休止について」をご参照ください。

川越市長 川合 善明

本文ここまで

サブナビゲーションここから

感染症

このページを見ている人はこんなページも見ています

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る