このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. 健康・福祉
  3. 病気・医療
  4. 感染症
  5. 新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ

本文ここから

新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ

最終更新日:2020年5月27日

5月27日の市長メッセージ

緊急事態宣言が、25日に解除されました。

川越市保健所管内では、5月に入ってから26日まで、新規感染者ゼロが続いています。大変なご労苦の中、長期にわたり外出自粛をはじめ感染拡大防止の取組みを確実に実行していただきました市民の皆さま、事業者の皆さまのご協力のおかげでございます。ご協力に対しまして心より感謝を申し上げます。
また、感染のリスクの中、患者の皆さんのためにご尽力をいただきました医療関係の皆さま方に対しまして、心より敬意を表す次第でございます。

緊急事態宣言は解除されましたが、一度に全てを元通りにしますと、再び感染拡大が生じる恐れがございます。
市の施設等につきましては、多くは6月以降、段階的に使用を再開する予定でございますが、いましばらく使用停止を維持する施設もございます。再開に当たりましては、しっかりと感染防止を取り組んでまいりますので、市民の皆さま方におかれましては、ご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。
学校につきましても、6月1日から感染防止のための工夫をしながら、一定時間をかけて平常に戻していく予定でございます。

市民・事業者の皆さま方におかれましては、引き続き感染防止のための工夫や行動をしながら日常生活に戻していくための「新しい生活様式」を実行していただかなければなりません。
感染拡大につきましては一定の目処が立ちましたが、改めて気を引き締めて、皆で協力をし合いながら、今まで経験したことのないこの事態を乗り越えてまいりましょう。

川越市長 川合 善明

5月26日の市長メッセージ

埼玉県他に継続されていた緊急事態宣言が、25日解除されました。

川越市保健所衛生検査課の検査では、5月に入ってから昨日25日まで、新型コロナウイルスの新規感染者がゼロの日が継続しています。大変なご労苦のなか長期にわたり外出自粛をはじめ感染拡大防止の取組みを確実に実行していただいた市民の皆さま、事業者の皆様のご協力に対して、心より感謝申し上げます。

緊急事態宣言は解除されましたが、一度にすべてを元通りにすると、第二波の感染拡大が生じる可能性があります。引き続き市民・事業者の皆さまにおかれましては、感染拡大防止のための行動をとりながらの日常生活、「新しい生活様式」を実行していただかなければなりません。

改めて気を引き締め、市民・事業者・行政が一体となり協力し合いながら、誰も今まで経験したことのないこの困難を乗り越えて行きましょう。

川越市長 川合 善明

5月22日の市長メッセージ

緊急事態宣言が5月31日まで出されており、近畿3府県は解除が決定されましたが、埼玉県を含め首都圏1都3県と北海道については、解除が見送られました。

川越市保健所衛生検査課の検査では、5月に入ってからは新規感染者がゼロの日が22日間継続しており、明るい兆候はありますが、東京都、神奈川及び千葉両県とともに、埼玉県においても、まだまだこれまでと同じ警戒・取り組みが必要です。
川越市におきましても、引き続き、密集、密閉、密接の3つの密を避ける行動をはじめとする感染拡大防止の取り組みをお願い致します。

新型コロナウイルスとの戦いはまだまだ続きます。気を引き締め、誰も経験したことのないこの困難を乗り越えましょう。

川越市長 川合 善明

5月15日の市長メッセージ

5月14日、政府は緊急事態宣言を、39県について解除しましたが、埼玉県は解除されておりません。引き続き、緊急事態としての変わらぬ対応が求められています。

市民の皆様が真摯に感染予防に取り組んでいただいた結果、川越市保健所管内では、5月1日からこれまでの2週間、PCR検査を保健所以外の民間検査機関や医療機関で実施した分を含め163人分について実施しましたが、陽性者はゼロであり、市民の皆様のご理解、ご協力に心から感謝申し上げます。
国からは、埼玉県についても、可能であれば期限の5月31日を待たずに、緊急事態宣言を解除するとの考えが示されておりますが、現時点では、緊急事態宣言は解除されていないことを十分認識してください。

新聞やテレビ等が繰り返し報じているように、感染防止の取り組みが緩めば、再度、感染が拡大する恐れがあります。
市民の皆様には、引き続き感染拡大防止の行動を、重ねてお願いします。

川越市長 川合 善明

5月11日の市長メッセージ

市民の皆さま、既にご承知のように、緊急事態宣言が5月31日まで延長されることになりました。あとしばらくの間、外出自粛をしっかり継続してくださるよう、引き続きよろしくお願いいたします。

これまでの間、感染の恐れのある中、市民の健康・安全維持のために献身的なご尽力をいただいている医療関係者の皆さま方、そして市民生活の維持に欠かせない業務にご尽力いただいている皆さま方に対しまして深甚なる感謝を申し上げます。
5月に入りましてからは、市内の新規感染者は減少となっております。川越市保健所管内では、5月に入ってから新規感染者は、(川越市)保健所の検査の結果では0の日が続いています。
これは、皆さま方が真摯(しんし)に感染予防に取り組んでくださった結果でございます。

しかしながら、まだまだ気を緩めるわけにはまいりません。再度の感染拡大を防ぐためにも、市民の皆さま方には、引き続き、これまでと同様の感染防止の取り組みである、

  • 不要不急の外出を控える
  • 3つの密を避ける
  • 手洗い、マスクの着用
  • 会話はできるだけ離れて

ということを重ねて強くお願いいたします。
また、事業者の皆さま方にも、引き続き感染拡大防止のために最大限のご尽力をいただきますよう、心からお願い申し上げる次第でございます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

川越市長 川合 善明

5月5日の市長メッセージ

市民の皆様には、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、緊急事態宣言に基づく外出自粛や営業自粛などの感染対策にご協力をいただき、感謝申し上げます。
そして、一人でも多くの命を守るため、最前線で全力を尽くしてくださっている医療関係の皆様を始め、社会を支える職業に従事しているすべての皆様に、改めて感謝申し上げます。

昨日、国において、感染者の減少が不十分であるなどの理由から、5月6日までとしていた緊急事態宣言を5月31日まで延長することが決定されるとともに、埼玉県に対する特定警戒都道府県の指定が継続されました。
これを受け、埼玉県からは緊急事態措置として、引き続き、県内全域において、外出自粛や営業自粛などが要請されました。

市民の皆様には、ご不自由をおかけしますが、引き続き、8割の接触削減に向けて、

  • 3つの密(密集、密閉、密接)を避ける行動
  • 手洗い・消毒・咳エチケットなどの基本的な感染対策
  • 不要不急の外出を控える

などの感染拡大防止策に取り組んでいただきますようお願いします。
人との間隔をできるだけ2メートル空けることや、会話をする際は真正面を避けるなど、「新しい生活様式」を心がけていただきますようお願いします。
また、新型コロナウイルス感染症の拡大に乗じて、マスクの販売や特別定額給付金を装った詐欺も発生していますので、ご注意ください。

これからの1ヶ月間は、緊急事態の収束のための大切な期間となります。
私たち一人一人の行動を変えることが、感染拡大を防ぐ最も重要な対策です。そして、私たちの行動が、家族や大切な方を守ることにつながります。
市民、事業者の皆様には、さらなるご不便とご苦労をおかけすることになりますが、引き続き、ご理解とご協力をよろしくお願いします。

川越市長 川合 善明

4月24日の市長メッセージ

新型コロナウイルスの感染拡大防止に、全市を挙げて取り組んでいただいていることに感謝申し上げます。
緊急事態宣言が出され、法に基づく取り組みがすでに2週間以上続いていますが、感染者は確実に増加しています。川越市保健所で確認した累計感染者数は、4月24日現在35名になります。
市民の皆様には、明日からの連休中、気を緩めることなく、引き続き感染防止のため

  • 3つの密(密閉空間、密集状態、密接対話)を避ける
  • 手洗い、消毒の励行
  • 不要不急の外出をしない

を実行してくださるよう、改めて強くお願いいたします。

なお、ストレスの蓄積は免疫力を低下させると言われています。ジョギング、ウオーキングなど多人数が一緒にならない運動は、必要な外出です。健康維持のためにも推奨いたします。

川越市長 川合 善明

4月13日の市長メッセージ



市民の皆さん、これから申し上げることは、川越市からの強いお願いです。

先週、国は、埼玉県を含む7都府県に緊急事態宣言を出しました。
新型コロナウイルスの感染者は、ここ数日で急速に増えています。市内の感染者も増えています。
この感染を収束させるためには、次のことがぜひとも必要です。

  • 皆さん一人一人が、人との接触を8割減らしてください。
  • 不要不急の外出を、極力控えてください。
  • 密閉空間、密集場所、密接場面の3つの密を避けてください。
  • 手洗いや消毒、マスクの着用、咳(せき)エチケットを習慣化してください。

繰り返します。

  • 皆さん一人一人が、人との接触を8割減らしてください。
  • 不要不急の外出を、極力控えてください。
  • 密閉空間、密集場所、密接場面の3つの密を避けてください。
  • 手洗いや消毒、マスクの着用、咳(せき)エチケットを習慣化してください。

川越市からの強いお願いです。必ず実行してください。心からお願い申し上げます。

川越市長 川合 善明

4月7日の市長メッセージ

4月7日、新型コロナウイルス感染拡大の実態に対して、国において緊急事態宣言が出されました。川越市でも、本日現在、12人の方の感染が確認されており、本市では、市立小・中学校、特別支援学校の入学式、始業式を急遽中止といたしました。(但し、情報が伝わらず、登校した生徒には、新しい担任が対応します。)

この緊急事態宣言後、国や埼玉県から新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための要請がなされますが、市としましても、国や県の要請に合わせ、国や県と連携して、市民の皆様へさまざまな要請をしていくこととなります。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、市民の皆様におかれましては、ご不便をおかけしますが、ご協力をお願いいたします。

また、引き続き、手洗い、咳エチケットを徹底するとともに、感染の危険性の高い「3つの条件が同時に重なる場」※には行かないなどの行動をお願いいたします。
緊急事態宣言が出されましても、生活必需品の買い物、散歩などを制限しているものではありません。市民の皆様の冷静な対応をお願いいたします。

皆様お一人お一人がご自分を守ることが家族や大切な人を守ることにつながり、ひいては社会全体を守ることにつながります。
皆様のご協力をお願いいたします。

川越市長 川合 善明

  • ※「3つの条件が同時に重なる場」
  1. 換気の悪い密閉空間(密閉)
  2. 人が密集している(密集)
  3. 近距離(互いに手を伸ばしたら届く距離)での会話や発声が行われる(密接)

3月27日の市長メッセージ

新型コロナウイルスの勢いが止まりません。
前回メッセージでお願いした

  1. 外出から帰ったら、石鹸で手洗いする。
  2. 咳エチケットを徹底する。
  3. 閉ざされた空間(部屋)に、多数の人が滞在する場所は極力避ける。
  4. 人と面談するときは、お互いマスクを着用するか出来るだけ離れた状態で話す。

の4点を引き続き励行して、感染の危険性の高い「3つの条件が同時に重なる場」※に行かないようお願いします。

現在、感染者は拡大の傾向にあります。
昨日、埼玉県知事を含む一都四県の知事からは、人混みへの不要不急の外出を自粛するようにとの要請が出されました。
新型コロナウイルスの勢いを止めるのか、止められないのか、今はまさにその瀬戸際に近づいていると言われております。

市民お一人お一人が感染予防に努め、自らの身を守ることは、感染拡大を防ぐ最も有効で重要な取り組みであり、社会全体を守ることにもつながります。
市民の皆様におかれましては、どうか今週末から当分の間、人混みへの不要不急の外出を自粛してください。
手洗いの励行や「3つの条件が同時に重なる場」を避けてください。

市民の皆様のご協力をお願いいたします。

川越市長 川合 善明

  • ※「3つの条件が同時に重なる場」
  1. 換気の悪い密閉空間(密閉)
  2. 人が密集している(密集)
  3. 近距離(互いに手を伸ばしたら届く距離)での会話や発声が行われる(密接)
  • 関連リンク

3月12日の市長メッセージ

3月10日、市内在住の3人(同居家族)の方が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。この方たちと濃厚接触した人の数、所在等も特定して、すでに感染拡大防止のための健康観察を行っております。

新型コロナウイルスについては、今までも広報川越などでお知らせしてまいりましたが、改めて私からお願いがございます。
市民の皆様におかれましては、感染拡大防止のため、引き続き以下の予防行動を励行してくださるようご協力をお願いいたします。

  1. 外出から帰ったら、石鹸で手洗いする。
  2. 咳エチケットを徹底する。
  3. 閉ざされた空間(部屋)に、多数の人が滞在する場所は極力避ける。
  4. 人と面談するときは、お互いマスクを着用するか出来るだけ離れた状態で話す。

発熱などの風邪の症状が見られるときは、まず、外出を控えて休んでください。厚生労働省では、風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続いている、もしくは強いだるさや息苦しさがある場合(高齢者、糖尿病・心不全・呼吸器疾患等の基礎疾患がある方、人工透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を服用している方は重症化しやすいので、この症状が2日程度続く場合。妊娠中の方も早めに)は相談するように勧めています。これに該当する場合は川越市帰国者・接触者相談センター(電話227-5107)に必ずご相談ください。
今後も市内での感染を広げないために、適切な事態への対処に努めてまいります。

なお、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、本市施設等の臨時休止等を行っております。詳細につきましては「市施設の臨時休止について」をご参照ください。

川越市長 川合 善明

本文ここまで

サブナビゲーションここから

感染症

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る