本文へジャンプ川越市防災情報
トップページ
埼玉県周辺で発生する可能性のある地震
川越市の地質・地盤
地震への備え@-火災防止
地震への備えA-けが防止
地震への備えB-家庭での備蓄
地震発生時の行動
避難のポイント
風水害対策
自主防災組織
災害弱者対策
応急手当
川越市の防災対策
川越市ホームページ
川越市 気象情報
応急手当
知っておきたい応急手当
 災害発生時の混乱状態では、救急車はすぐには到着できません。あなたの大切な人の生命を救うことができるよう、応急手当の方法を身につけておきましょう。
出血がひどいとき
1 .きれいなガーゼやハンカチなどを傷口に当て、手で圧迫する(感染症予防の
  ため血液に直接触れないように注意)。
2. 骨折などで圧迫できないときは、傷口より心臓に近い部分をタオルやスカー
  フなどで結び、棒などを結び目に差し込んで血が止まるまで強く止める。
出血がひどいとき
骨折の疑いがあったら
1. 患部を動かさないようにして手当をする。
2. 患部を副木(なければ板やダンボール、かさ、雑誌などでもいい)を当てて
  固定し、早めに医療機関へ。
骨折の疑いがあったら
やけどをしたら
1. 急いで水道水などの流水で冷やす。
2. 衣服の上からやけどをした場合は、無理に脱がさず、そのまま冷やす。水ぶ
  くれはつぶさない。
3. 冷やした後は清潔なガーゼなどで軽く包み、急いで医療機関へ。
やけどをしたら
意識のないときは119番
1. 肩を叩きながら耳元で「大丈夫ですか」「もしもし」などと呼びかける。
2. 意識がなければ「だれか来て!」と助けを求め、119番通報を依頼。一人き
  りの場合は自ら通報を。
意識のないときは119番
 
救命講習を受講しよう
 
ページトップへ