川越市 Kawagoe City Official Web site

本文へジャンプ

文字サイズ大きく元に戻す小さく
文字色/背景色
音声で聞く
Google

喜多院

〜江戸の面影を残す文化財の宝庫〜


喜多院境内の写真

五百羅漢の写真

喜多院は、五百羅漢やダルマ市(1月3日)で知られています。
天長7年(830)に慈覚大師が無量寿寺を開いたのが始まりと伝えられています。
永仁4年(1296)、尊海が慈恵大師を勧請して無量寿寺を再興し、北院・中院・南院となる各房が建てられました。
喜多院となったのは慶長17年(1612)、徳川家康の信任を得る天海僧正が、住職となってからのことです。
寛永15年(1638)、大火によって喜多院のほとんどを焼失。3代将軍家光が江戸城内・紅葉山から客殿、書院などを移築しました。
それが結果的には江戸の大火による焼失を免れることになり、江戸城唯一の遺構として残されることになりました。
客殿や書院には「家光誕生の間」「春日局化粧の間」と伝えられている部屋があります。
これらは、慈眼堂・山門などとともに重要文化財に指定されています。


多宝塔の写真
喜多院(重要文化財)

川越市小仙波町1-20-1 地図

*電話番号 TEL 049-222-0859
*拝観時間

3月1日〜11月23日
 平日 8:50〜16:30
 日祝 8:50〜16:50
11月24日〜2月末日
 平日 8:50〜16:00
 日祝 8:50〜16:20

*拝観料金 大人400円・小人200円
*拝観中止日 12月25日〜1月8日・2月2日〜3日
4月2日〜5日・8月16日
木造天海僧正坐像

平成24年8月から平成26年8月頃まで、客殿等の保存工事が行われます。
工事期間中、危険防止のために「家光公誕生の間」「春日局化粧の間」等の拝観が一時的に休止となる場合があります。
詳細につきましては、喜多院ホームページをご確認ください。

関連リンク
喜多院ホームページ(新しいウィンドウ)


 


−お問い合わせ−
産業観光部 観光課 観光推進担当
Tel 049-224-5940(直通)/049-224-8811(内線2731〜2734)
Fax 049-224-8712
E-mail kanko@city.kawagoe.saitama.jp





川越市役所
〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1 ( 市役所へのアクセス
電話:049-224-8811(代表)※おかけ間違えのないようご注意ください。
開庁時間:月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始〔12月29日〜1月3日〕を除く)
市のシンボルマーク