このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

本文ここから

平成27年度当初予算の概要

最終更新日:2018年4月1日

 平成27年度一般会計予算ほか9件の当初予算に係る議案が平成27年第1回定例会において可決されましたので、その内容をお知らせします。

平成27年度当初予算の概要

 平成27年度一般会計当初予算は、歳入において市税や地方消費税交付金等が前年度より増加したものの、歳出において義務的な経費である扶助費をはじめ、物件費等が増加するなど大変厳しい財政状況ではありますが、予算編成方針で重点施策として掲げた「未来につなぐひとづくり」、「活力と魅力あふれるまちづくり」、「快適で安心できるくらしづくり」の推進を図るとともに、市民の皆様からのご意見・ご要望や重要課題に対応した施策・事業に取り組み、住むことに誇りをもち、住んでよかったと思えるまちの実現に向けた予算を目指しました。
 また、緩やかな回復基調が続いているとされる景気にも配慮し、国の「地方への好循環拡大に向けた緊急経済対策」に沿った補正予算(第1号)を活用した平成26年度3月補正予算とともに積極的な予算として編成しました。
 その結果、平成27年度一般会計当初予算は、前年度当初予算対比1.5パーセント減の総額1,104億3,000万円の予算規模となりました。

予算規模

区分 平成27年度
(千円)
平成26年度
(千円)
前年度比
(パーセント)
一般会計 110,430,000

112,080,000

△1.5

特別会計 86,117,994 82,781,603 4.0
総計 196,547,994 194,861,603 0.9

会計別予算一覧

区分 平成27年度
(A)
(千円)
平成26年度
(B)
(千円)
前年度との比較(△印:減)
(A)-(B)
(千円)
(A-B)/B
(パーセント)
一般会計(イ) 110,430,000 112,080,000 △1,650,000 △1.5
特別会計 国民健康保険事業 43,575,100 38,877,400 4,697,700 12.1
後期高齢者医療事業 3,511,800 3,436,500 75,300 2.2
歯科診療事業 103,100 104,700 △1,600 △1.5
介護保険事業 19,471,700 20,966,100 △1,494,400 △7.1
母子父子寡婦福祉資金貸付事業 96,800 91,800 5,000 5.4
川越駅東口公共地下駐車場事業 132,700 166,400 △33,700 △20.3
農業集落排水事業 148,000 134,000 14,000 10.4
水道事業 9,689,901 9,625,717 64,184 0.7
公共下水道事業 9,388,893 9,378,986 9,907 0.1
特別会計・小計(ロ) 86,117,994 82,781,603 3,336,391 4.0
総計(イ)+(ロ) 196,547,994 194,861,603 1,686,391 0.9

主な歳入の使いみち

地方消費税率の引上げ分の使いみち

 地方消費税率の引上げ分については、「社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための地方税法及び地方交付税法の一部を改正する法律」において、社会保障施策等に要する経費に充てることとされています。
 平成27年度当初予算では、歳入の地方消費税交付金に含まれる地方消費税率引上げ分として21億4,386万5千円が見込まれており、障害者福祉、高齢者福祉、児童福祉などの扶助費や、介護保険事業特別会計への繰出金などにかかる経費の財源として使われます。

経費区分 予算額
(千円)
財源内訳
特定財源
(国県支出金等)
(千円)
一般財源
(千円)
うち引上げ分の地方消費税交付金
(千円)
社会福祉 障害者福祉 6,695,078 4,194,807 2,500,271 343,264
高齢者福祉 773,938 74,803 699,135 95,985
児童福祉 11,308,386 7,610,742 3,697,644 507,653
生活保護 7,494,449 5,620,620 1,873,829 257,260
その他 50,113 5,490 44,623 6,126
社会保険
(介護保険事業等)
7,619,558 915,227 6,704,331 920,443
保健衛生 202,612 106,949 95,663 13,134
合計 34,144,134 18,528,638 15,615,496 2,143,865

※特定財源、一般財源
 国県支出金など財源の使いみちが特定されているものを特定財源、市税など財源の使いみちが特定されず、どのような経費にも使用することができるものを一般財源といいます。

個人市民税均等割額の引上げ分の使いみち

 個人市民税均等割額については、「東日本大震災からの復興に関し地方公共団体が実施する防災のための施策に必要な財源の確保に係る地方税の臨時特例に関する法律」に基づき、平成26年度から平成35年度課税分まで、3,000円から3,500円に引き上げることとしています。(県民税均等割額は1,000円から1,500円に引上げ)
 平成27年度当初予算では、この引上げによる増収分として8,233万7千円が見込まれており、防災のための施策に要する費用の財源として使われます。

《平成27年度当初予算での主な使いみち》

  • 公共施設等の耐震化事業(本庁舎耐震化工事、市立小中学校の非構造部材等の耐震化、私立幼稚園耐震改修事業費補助)
  • 橋りょう、歩道橋の耐震化事業
  • その他消防、防災関係(避難所テレビアンテナ設置工事等) 等

都市計画税の使いみち

 都市計画税は目的税であるため、街路・公園・下水道などの都市計画事業、土地区画整理事業やこれらの事業を行うために借りたお金の返済に要する費用の財源として使われます。
 税率は0.3パーセントで、平成27年度当初予算では39億9,729万4千円を計上しています。

事業名 全体の事業費
(千円)
財源内訳 構成比
(パーセント)
特定財源
(国県支出金等)
(千円)
一般財源
(千円)
うち
都市計画税
(千円)
街路 1,388,173 672,049 716,124 671,545 16.8
公園 454,867 138,100 316,767 295,800 7.4
下水道 847,690 0 847,690 795,462 19.9
資源化センターほか 1,380,890 120,000 1,260,890 1,179,202 29.5
葬祭施設 3,379,420 2,533,000 846,420 791,464 19.8
土地区画整理事業 1,345,808 1,065,201 280,607 263,821 6.6
合計 8,796,848 4,528,350 4,268,498 3,997,294 100.0

※事業費には、地方債償還金(事業実施のために借り入れた市債の返済金)を含みます。

ダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

財政部 財政課 予算担当
〒350-8601 川越市元町1丁目3番地1
電話番号:049-224-5618(直通)
ファクス:049-225-2895

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る