このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
川越市
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Foreign Language
  • サイトマップ
  • 安全・安心
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 市政
  • 観光
サイトメニューここまで

本文ここから

ふるさと納税ワンストップ特例制度

最終更新日:2016年3月7日

ふるさと納税ワンストップ特例制度とは

平成27年4月1日より「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が創設されました。
この制度は、確定申告を行わない給与所得のみの方などがふるさと納税を行う際、個人住民税が課税されている市区町村に対する寄附控除の申請を、寄附先の市区町村などが寄附者に代わって行うことを申請できる制度です。
この制度を利用できる方は、以下の2つの要件に該当する方のみとなります。

 1. 給与所得のみの方などで、確定申告を行う必要がない方 ※
 2. 平成28年中に行うふるさと納税の寄附先が5団体以下の方

※給与所得のみの方でも、医療費控除などの各種控除を申告する方は対象外となります。

制度の申請手続きについて

申請方法

上記の2つの要件に該当し、制度の利用を希望される方は、寄附申込書提出時に以下の申請書と添付書類を一緒に提出してください。

※平成28年より、申請書に個人番号の記載が必要となります。申請者の身元確認として以下のいずれかの書類を添付してください。(いただいた申請書および添付書類は、ワンストップ特例制度の受付事務以外の目的には使用いたしません。)

  1. マイナンバーカードの写し(表と裏)
  2. 通知カード(表と裏)とAの写し
  3. 個人番号が記載された住民票の写し・住民票記載事項証明書とAの写し

 A:運転免許証、運転経歴証明書、パスポート、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書のいずれか1つ。(氏名、生年月日または住所が記載されているもの)

申請した内容に変更が生じた場合

申請書の提出後に、住所・氏名などに変更があった場合、申請をした翌年の1月10日までに以下の変更届出書を提出してください。また、申請後にふるさと納税の寄附先が5団体を超えた場合は、申請が無かったものとみなされます。この場合は確定申告が必要となりますのでご注意ください。

申請の完了について

申請書(変更届出書)の提出とふるさと納税の入金を確認した後、川越市より受付書を郵送でお届けします。
受付書は制度申請完了の証明となりますので、大切に保管してください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

財政部 財政課 財政担当
〒350-8601 川越市元町1丁目3番地1
電話番号:049-224-5618(直通)
ファクス:049-225-2895

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

川越市役所

〒350-8601 埼玉県川越市元町1丁目3番地1
電話:049-224-8811(代表) ファクス:049-225-2171(代表FAX番号)
(C)2015 Kawagoe City All Rights Reserved
フッターここまでこのページのトップに戻る